こんにちは!こたです☆

kota

結婚式の招待状については、その書き方のルールが気になる所。

おめでたい席なだけに、相手に粗相のないようにしたいです。

そこで今回は、結婚式の招待状の書き方についてまとめてみました。

3346276db929db7092f714a8d2209898_s

招待状の返信の書き方の基本

招待状の返信の書き方の基本として、

必ず返信用のはがきで返信することが重要です。

 

相手と親しい場合であっても

電話やメール等だけでなく

返信用のはがきでも返信をします。

 

返信には筆や万年筆が最も適していますが、

それらの扱いに慣れていない場合は

ボールペンを使います。

 

なお、インクの色には

必ず黒色を用いることがマナーとされています。

 

文字の訂正や取消のために

二重線または斜線を引くことがありますが、

その際は定規を用いて真っ直ぐに線を引きます。

返信を出すタイミング

出席の場合の返信は可能な限り早く、

遅くとも到着後1週間以内には

出すことがマナーとされています。

 

ただし、招待状を受け取った時点で

欠席が分かっている場合はすぐに返事を出さず、

数日置いてから返信します。

 

まずは相手に連絡を取り、

お祝いの言葉を述べると同時に欠席の可能性があること、

出席できるよう調整を試みることを事前に伝えておき、

数日置いてから返信をします。

 

それにより、相手が返信はがきを受け取った際に

「出席できるように努力したものの、出席できない」

という意図を伝えることができます。

 

また、仕事の予定などとの兼ね合いで

期限までの回答が難しい場合には

相手に連絡してその旨を伝え、

いつまでに予定が確定するのか

ということと返信するための方法について相談しましょう。

表面の書き方


sponserd link

宛名が「行」になっている場合には

二重線または斜線で消して「様」に直します。

すでに「様」と印字されている場合はそのまま使用します。

 

返信する相手への敬意を表すため、

「様」は相手の名前よりも大きめに書きます。

 

また、招待状が結婚式や披露宴といった

祝いの場への招待するためのものである場合には

二重線または斜線の代わりに「寿」という文字を重ねることもできます。

 

「寿」を用いた文字の取消は裏面にも使うことができますが、

連続する複数字を取消す場合には

1文字に対して「寿」を1つずつ重ねるという点に注意が必要です。

裏面の書き方(出席の場合)

出席の返信をする場合には「出席」を丸で囲み、

「御」は二重線または斜線を引くか、

「寿」を重ねて消します。

 

なお、同様に「御欠席」、氏名記入欄の「御芳名」の「御芳」、

住所記入欄の「御住所」の「御」も消します。

 

メッセージを記入するスペースがある場合は

お祝いの言葉や招待に対するお礼、

「慶んで出席させて頂きます」という旨の一言、

当日を楽しみにしているといった言葉を添えると

相手に気持ちが伝わります。

 

なお、「慶んで出席させて頂きます」という旨の

一言を添える場合にはすでに印字されている

「出席」の文字を利用して前に「慶んで」と、

後ろに「させて頂きます」と記入することがあります。

 

印字とはいえ相手の文字を利用することが

否定的に捉えられる場合もあるため、

出席も自筆で書くことがお勧めです。

裏面の書き方(欠席の場合)


sponserd link

欠席の返信をする場合には「欠席」を丸で囲み、

「御」は二重線または斜線を引くか、

「寿」を重ねて消します。

 

なお、同様に「御欠席」、氏名記入欄の「御芳名」の「御芳」、

住所記入欄の「御住所」の「御」も消します。

 

余白にお祝いの言葉とともに

欠席することへの謝罪、欠席の理由を書き添えます。

 

なお、欠席の理由が弔事などの暗い内容の場合は

具体的に書かないことがマナーとされています。

その際には「やむを得ない事情により」といった言葉で理由を述べます。

 

また、欠席の理由として「多忙」を挙げることは

相手への失礼に当たるため、マナー違反とされています。

 

どうしても都合がつかないなど、

出席したいという強い気持ちがあったということが

伝わるようなメッセージを書き添えます。

あとがき

結婚式に参列すると、幸せをもらえてこっちまでハッピーですよね。

同級生はどんどん結婚していきましたが、

若い子たちの幸せパワーを頂きたいと思ったこたでした♪