こんにちは!こたです☆

kota

結婚式は新郎新婦にとっては一度きりの大イベント。

その内容も豪勢にして、親族やゲストなどに楽しんでもらいたいという思いもあります。

ですが、これから結婚式を考えているカップルにとっては、

費用の面ではいったいどのくらいかかるの?

なんて不安な方も多いですよね。

そこで今回は、結婚式の費用についてまとめてみました。

34ab1e2c752ff323f868f8af02f1b15a_s

結婚式費用の相場

結婚式の費用の全国平均は約333.7万円とされています。

ただし、結婚式の費用は地域によって大きく異なっています。

 

例えば北海道では披露宴が会費制で行われることが主流のため

平均金額は275.9万円となっていますが、

その他の地域の平均金額は軒並み400万円を超えています。

 

最も費用がかかるのは料理や飲み物で、

全体の1/3近くを占めています。

ついで新婦の衣装、引出物、挙式料が挙げられます。

料理や飲み物の費用


sponserd link

ゲスト1人当たりの料理と飲み物の費用は

約1万8,000円とされています。

 

ウェディング向けの食事のプランとして

全国的によく見られる価格は1万3,000円から1万5,000円で、

1万円はかなり安い方に分類されます。

 

ただし、料理や飲み物は

ゲストが最も楽しみにしているものの1つでもあるため、

グレードを落としたことが最も出やすく、

かつその印象が強く残ってしまう可能性があります。

この点を意識して料理や飲み物のプランを決める必要があります。

引出物の費用

引出物にかける費用は

料理と飲み物にかかる費用の1/3が目安とされています。

 

ただし、一般的には

親族へ渡す引出物と一般のゲストへ渡す引出物は同じ価格のものにせず、

親族に渡すものは少し高額なものを選ぶことになります。

 

そのため、近年は

引出物の中身が異なることを見た目で悟らせないために

カタログギフトが選ばれることが増えています。

挙式料の費用

挙式には大きく分けて

チャペルウェディング、神前式、人前式の3つの形式があります。

 

チャペルウェディングは

教会または結婚式場に併設されたチャペルで挙げるもので、

バージンロード、賛美歌、パイプオルガンの演奏を楽しむことができます。

費用は3つの形式の中で最も高く平均金額は約15万円です。

 

神前式は神社や仏閣などで挙げる結婚式で、

和装での伝統的で厳かな雰囲気の中執り行われます。

 

費用はチャペルウェディングについで高く、

平均金額は約8万円です。

 

ただし、場所によっては

親族以外は招待することができない場合があるため注意が必要です。

 

人前式は前述の2つの形式とは異なり宗教や格式に囚われず、

親族や親しい友人に結婚を承認してもらうものです。

費用は最も安く、平均金額は約5万円です。

写真撮影の費用

結婚式の思い出を残しておくため、

プロのカメラマンに依頼をして

結婚式中に写真撮影を行ってもらうことができます。

これにかかる費用の平均金額は約10万円です。

 

また、写真撮影にかかる費用について

結婚式を挙げた夫婦から上がる声としてよく聞かれることは、

実際にアルバムに使う写真を選ぶ段になると

見積を出した際よりもたくさんのカット数を選んだために

料金が追加されたというものです。

 

また、カメラマンによっては別に指名料がかかることや、

結婚式の時間が延びた場合には

その分カメラマンに支払う金額が追加されることになるため、注意が必要です。

装花の費用

結婚式場でゲストが座るテーブルや

新郎新婦が座るメインテーブルには

花を飾って華やかな雰囲気を作ります。

これにかかる費用の平均金額は約18万円です。

 

すべて生花にすると費用もかさみ、

また、季節によっては希望の色の花を

用意することができないこともあります。

 

そのため、一部に造花を混ぜる、

リボンやテーブルクロスで足りない色を補う

といった工夫が必要となります。

衣装の費用


sponserd link

新郎と新婦が着用する衣装は

洋装か和装かによって異なりますが、

洋装の場合は新婦のウェディングドレスは約30万円、

新郎のタキシードは約15万円、

和装の場合は新婦の白無垢は約25万円、

新郎の紋付袴は約8万円です。

 

衣装は写真にも自分たちや

参列者の記憶にも最も残るものとなりますので、

後悔のないよう選びましょう。

あとがき

結婚式には費用がかかるものですが、

それでも一生に一度のイベントなので、

ある程度は気にせずにいきたいものです。

という私は会費制の挙式を挙げたのですが、

かかった金額以上に、その時の感動が断然勝っています(当然でしょうが)

自分の結婚式を思い出し、もう一度やってみたいなあとか思っているこたでした♪