こた

知らず知らずのうちに進行しているのが歯肉炎です。
そのまま放っておくと、歯周炎から歯槽膿漏と進行し、歯を失う原因になってしまいます。

歯肉炎になると、口臭がキツくなる人が珍しくありません。
ここでは、歯肉炎の際に現れる口臭の特徴や、口臭対策・改善方法についてお話します。

歯肉炎の口臭はどんな臭い?対策や改善方法

e2d2a0ed70ee115666ed69b713df8fa9_s

歯肉炎とは?

478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_s

歯肉炎は、歯の周りに付着した歯垢の中に居る細菌が原因で起きる歯茎の炎症です。

歯肉炎になると歯茎がブヨブヨと柔らかい状態になり、出血しやすくなります。

 

歯磨きをしたときや硬いものを食べた時に出血しますが、

早い段階では痛みを伴いません。

しかし徐々に歯茎が赤紫色になっていき、口臭もキツくなってきます。

 

このまま放置すると歯周炎から歯槽膿漏へと発展し、

最悪の場合歯を失うことになってしまいます。

歯肉炎は実はあなどれない、怖い病気です。

sponsored link

歯肉炎の口臭の特徴

2680158f43e13171416f8cad1cad56fb_s

歯肉炎の口臭は、歯の周りに付いた歯垢が腐敗することで出てきます。

自分では感じていないかもしれませんが、

腐ったたまねぎや腐った卵のような臭いがするのが特徴です。

 

腐ったたまねぎのような臭いの原因は、

メチルメルカプタンと呼ばれる揮発成分だと言われています。

非常に強烈な臭いを放つのが特徴で、

この臭いが感じられるときは、歯と歯茎の境目の溝が深くなっていて、

そこに歯垢が溜まっていることが考えられます。

 

腐った卵のような臭いを放つのは、硫化水素です。

嫌気性菌という歯周病菌が食べかすや血液、

唾液や剥がれた細胞を分解する時に発生します。

口臭を防ぐ5つの対策

歯肉炎が原因の口臭に気付いたら、その日から対策を始めましょう。

では、効果的な5つの対策をご紹介します。

sponsored link

朝晩2回以上は歯を磨く

fa24a3a1bf63a131f075deb9a5ea0a05_s

朝と夜は歯周病菌が多くなる時間帯です。

この時間帯にきちんと歯周病菌を退治することで、

ある程度口臭を抑えることができます。

 

自分の口に合った歯ブラシを使って、正しく丁寧に歯を磨きましょう。

歯磨きの仕方は一度歯医者さんで教えてもらうと良いでしょう。

デンタルフロスを使用する

歯垢は歯と歯の隙間に溜まりやすいものです。

デンタルフロスを使用して、

細かいところの歯垢まで取り除くことが口臭対策には欠かせません。

歯ブラシだけでは落としきれない隙間の歯垢も落とすことが、口臭を予防してくれます。

ハミガキ剤を選ぶ

殺菌作用の強いハミガキ剤を使うのも効果があります。

ドラッグストアなどには、

歯茎の腫れを鎮める効果があるものなども並んでいるので、チェックしてみましょう。

 

ハミガキ剤を使ったら、最後は軽く口をすすぐ程度にして、

有効成分を口の中に残すのがポイントです。

歯石を取ってもらう

9fe5a89f4199e7509baa3dd720d1c5e0_s

歯石は一度付いてしまうと自分ではどうすることもできません。

しかし歯石は歯周病菌の温床となってしまうため、

放っておくと歯肉炎がどんどん進行してしまいます。

なので、定期的に歯医者を受診して歯石を取ってもらいましょう。

歯周ポケットを洗浄してもらうのも効果的

歯と歯茎の境目の溝を歯周ポケットといいます。

このポケットに膿が溜まることで口臭がキツくなっていることがあるので、

歯医者で定期的に洗浄してもらいましょう。

 

口臭の原因である最近を取り除くことができるので、

口臭が抑えられるだけでなく、とてもサッパリします。

この記事のポイントまとめ

メグ

歯周病を防ぐためには今回ご紹介したことを行うのも大事ですが、それ以上に習慣づけて行う事が大切です。永久歯は二度と手に入らないものなので、しっかりとケアしていたわってあげましょう

  • 腐った卵や腐ったたまねぎのような臭いにご用心
  • 毎日のケアで歯肉炎予防
  • 定期的に歯医者に通ってケアを受けよう

sponsored link