こた

「この間病院で血圧が高いと言われた」
「低血圧で朝起きるのがつらい……」

こんな経験がある方は少なくないと思います。
では、高血圧と低血圧はそれぞれどのような症状が現れるのでしょうか。

ここでは、それぞれの症状と改善方法をご紹介します。

高血圧と低血圧 気になるそれぞれの症状と改善方法は?

30bcbf531914093f23386916bca04100_s

血圧とは何のこと?

842a1953ff5bb56fdfde490913fe5848_s

血圧は、「血管を流れる血液が血管の壁を押し広げる力」のことを言います。

血液が血管の壁を押す力が強くなればなるほど血圧は高くなり、

血管の壁に大きな負担をかけてしまうのです。

 

一般的に血圧は上と下2つの値で表されます。

上の値は収縮期血圧と言い、心臓がぎゅっと縮んで血液を押し出した時の血圧です。

下の値は拡張期血圧と言い、心臓がリラックスしている時の血圧を指します。

 

血圧の正常値は、

  • 診察室では140/90mmHg未満
  • 家庭では135/85mmHg未満

とされており、それを超える場合を高血圧/低血圧と呼んでいるのです。

sponsored link

高血圧の症状

da8fb4a6e68386fecedf7f8e7c25dcb2_s

高血圧は、知らず知らずのうちに進行して、

生活習慣病などの病気を引き起こすおそろしいものです。

 

高血圧の人は、常に血管に強い力がかかっているため、

血管の壁が厚くなり、徐々に血管の柔軟性が失われていきます。

その結果、脳血管障害や大動脈瘤、心臓疾患や眼底出血といった、

命に関わる症状を引き起こしてしまうのです。

 

また、高血圧の原因には、

  • 遺伝
  • 飲酒
  • 運動不足
  • 肥満
  • 塩分の多い食事
  • ストレス
  • 喫煙

などが考えられます。

 

稀に「自宅で血圧を測ると正常値なのに、病院で看護師さんに計ってもらうと血圧が高くなる」という人がいますが、

この場合は「白衣高血圧」の可能性があります。

高血圧かどうかを知るためには、普段から血圧を計る習慣を付け、毎日記録しておきましょう。

高血圧の改善方法

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

高血圧の改善方法は、ひとえに生活習慣を見直すことに尽きます。

飲酒や喫煙はほどほどにし、塩分のとりすぎに注意しましょう。

 

また、定期的な運動でストレスを発散するのも重要です。

高血圧の場合、背後に大きな疾患が隠れていることもあります。

高血圧の状態が続くようであれば、一度病院を受診し詳しい検査を受けるのが良いでしょう。

sponsored link

低血圧特有の症状とは?

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_s

低血圧の場合、高血圧のように生活習慣病などを引き起こすおそれはあまりありません。

しかし、めまいや立ちくらみ、頭痛、全身のだるさ、動悸、頻脈といった症状が出ます。

 

また朝の目覚めがよくない・起きられない、

不安感、不眠、食欲不振といった心の症状も現れることがあるので、

気になる方は一度病院を受診しましょう。

低血圧の改善方法

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

低血圧を改善するには、

  • リラックスをこころがける
  • 規則正しい生活を送る

といったことが効果的です。

 

また、病院で処方される血圧を上げる薬や、

ステロイド剤などが有効なこともあります。

精神症状が強く出ている場合は、精神安定剤や抗不安剤が効果を示す場合もあります。

この記事のポイントまとめ

メグ

低血圧は生まれつきの方が多いイメージがありますが、高血圧の場合は生活習慣を正しくすることで改善するパターンがほとんどです。まずは生活リズムを見直し、運動を取り入れた健康的な生活を送っていきたいですね。

  • 高血圧は生活習慣病を引き起こす
  • 血圧に不安を感じたら病院へ
  • 規則正しい生活とストレス発散が重要

sponsored link