メグ

「ママ、お腹が痛い」
「気持ち悪い」
子どものそういった訴えは決して珍しくありません。

しかし、単なる風邪だと思ったら、
感染性胃腸炎だったということも少なくないのです。

ここでは、子どもが感染性胃腸炎になったときの対処法をお伝えします。

慌てないで! 子どもが胃腸炎になったときの対処法

fb3bbaa70bc805cd19570d510c48a34c_s

子どもがかかりやすい感染性胃腸炎の特徴

d09745895beeca59872350efc058a7c8_s

感染性胃腸炎は、

菌やウイルスに汚染された食べ物を口にすることで起こる胃腸炎です。

具体的な症状としては、

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 発熱

といった症状が見られます。

 

子どもの場合は、大人に比べて、

ウイルスが原因で起こる感染性胃腸炎が多いのが特徴です。

その原因となるウイルスには、

  • ノロウイルス
  • ロタウイルス
  • アデノウィルス

などがあり、冬になると爆発的い流行することも珍しくありません。

sponsored link

感染性胃腸炎になった時に最初にすること

7269f790856e0e1a0fe59d12ebf7c9e3_s

感染性胃腸炎になってしまったら、

温かくして安静にし、脱水症状に気を付けましょう。

 

子どもの場合は、保育園などへの登園は控えるようにしてください。

登園が解除される期間には、厳密なきまりがありません。

その保育園のルールによるのが原則です。

なので、いつから登園できるかについては、その保育園に問い合わせをしましょう。

 

下痢や嘔吐が見られる場合は、

体の中の水分がどんどん失われていきます。

薬で無理に止めようとすると、

ウイルスや菌が排出されず、回復の遅れにつながることがあります。

 

無理に薬で止めようとせず、

出せるものは出す一方で水分補給をしっかり行い、

症状が治まるのを待ちましょう。

 

水分補給には、

お茶や薄めたリンゴジュース、

乳幼児用のイオン飲料や経口補水液を用いるようにしてください。

 

市販のスポーツドリンクはイオン濃度が低いだけでなく、

糖分がたくさん含まれているので、

かえって体調を悪化させてしまうことがあります。

 

病院に行くときは、必ず事前に連絡をしましょう。

なぜなら、他の患者さんにうつすのを防ぐためです。

 

病院では症状によって薬が処方され、

必要であれば点滴などの処置が行われます。

なるべく早い段階で医師の診察を受ければ、それだけ回復も早くなります。

 

ですので、

感染性胃腸炎が疑われるときは、

躊躇せずに病院を受診するようにしましょう。

sponsored link

感染性胃腸炎を予防するために必要なこと

bfa5969f4451027803c2ebd0264112f5_s

感染性胃腸炎は、毎日の予防が非常に効果的です。

そのきっかけとして、

まずは外から帰ったら手洗い・うがいをしましょう。

 

また、免疫力を高める生活を心がけてください。

睡眠を十分とるだけでなく、

バランスの良い食事にも気を付けましょう。

 

大人への感染を防ぐことも大切です。

感染したお子さまの面倒を見るときなど、

嘔吐物や排せつ物を処理する時は必ずゴム手袋を使用し、

処理した後はきちんと消毒を行ってください。

この記事のポイントまとめ

こた

免疫力の高い子どもといえど、胃腸炎への感染のリスクは常に付きまといます。集団生活の多い子どもですので、家庭でのささいな変化に気をはらってあげましょう。

  • 子どもにはウイルス性の感染性胃腸炎が多い
  • 感染性胃腸炎が疑われたら早めに病院へ
  • 感染性胃腸炎の予防も忘れずに

sponsored link