こた

食べ物が傷みやすい時期だけでなく、
一年を通して感染性胃腸炎には注意したいものです。

ここでは感染性胃腸炎の症状や潜伏期間、
そして原因について簡単にお話ししたいと思います。

怖い感染性胃腸炎!症状や潜伏期間とその原因

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s

感染性胃腸炎になる原因

00f9b1e9b4676aacb310b6fec66dabeb_s

感染性胃腸炎は、

細菌やウイルスに汚染された食べ物を口にすることで発症します。

ウイルス性の感染性胃腸炎を起こすウイルスは、

ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどで、冬場に流行します。

一般に「おなかの風邪」と言われているのが、ウイルス性の感染性胃腸炎です。

 

細菌によって引き起こされる感染性胃腸炎もあります。

サルモネラ、腸炎ビブリオ、カンピロバクター、病原性大腸菌などが原因で、

こちらは夏場など食べ物が傷みやすい時期に多く見られるのが特徴です。

食中毒などが細菌性の感染性胃腸炎に当たります。

 

いずれの場合も、一度感染すると激しい症状に見舞われ、

回復まで時間を要します。

 

感染性胃腸炎が疑われるときは、

早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けてください。

感染性胃腸炎の主な症状は?

9ef49b64486b61062375e49869f94649_s

感染性胃腸炎の症状は、主に下痢や嘔吐といった消化器系の症状です。

それに加えて、発熱などが見られる場合があります。

 

感染性胃腸炎に感染したときに発熱するのは、体が免疫力を上げようとしている証拠です。

解熱剤などで無理に熱を下げようとせず、

氷枕や冷却シートなどを使用するだけに留めましょう。

 

また、市販の止瀉薬などで下痢を止めるのもいけません。

ウイルスや細菌を体の外に出すことができず、

症状が長引く原因になります。

排泄物や嘔吐物の処理は慎重に行ってください。

 

処理した後はきちんと消毒を行い、二次感染を防ぎましょう。

下痢や嘔吐がひどい場合は脱水症状が起きやすくなっています。

経口補水液などでしっかり水分補給を行うことが重要です。

sponsored link

どれくらいの潜伏期間なの?

2fe287e81bd4a0044656e01525cf2e8f_s

感染性胃腸炎を起こすウイルスや細菌に感染してから

症状が出てくるまでの潜伏期間は、

原因となるウイルスや細菌によって異なります。

代表的なウイルスの潜伏期間は以下の通りです。

  • ノロウイルス…1日から2日
  • ロタウイルス…1日から3日
  • アデノウイルス…5日から7日
  • サポウイルス…1日から3日

細菌による感染性胃腸炎の場合は、

潜伏期間はこれよりも短い傾向があります。

 

腸炎ビブリオであれば10時間から24時間、

サルモネラであれば5時間から72時間(平均12時間)、

病原大腸菌であれば12時間から72時間、

カンピロバクターであれば2~5日と言われています。

 

しかし、人によっては、

汚染された食べ物を口にしてから数時間程度で症状が出てくる場合もあります。

激しい腹痛や下痢、嘔吐といった症状がある場合は、

できるだけ早く医療機関を受診してください。

 

子どもやお年寄りの場合は、症状が重症化することもあります。

体力の消耗を防ぐために、

栄養があって消化の良い食べ物を取り、十分な休養に努めてください。

sponsored link

この記事のポイントまとめ

メグ

胃腸炎は比較的期間は短いものの、発症している間はとても大変な思いをします。私も以前かかって、もう思い出すのも嫌ですが、しっかりと対策をしてもう二度とかからないように予防したいところです。

  • 主な症状は腹痛や下痢、嘔吐、発熱
  • 潜伏期間はさまざま
  • ウイルス性と細菌性の感染性胃腸炎がある

sponsored link