メグ

冬になると毎年流行するのがインフルエンザです。
ワクチン接種を受ける方も少なくないでしょう。

しかし、ワクチンを接種していても
感染してしまうことがあります。

インフルエンザに感染したら、
病院に行って薬を処方してもらうしか
治す方法は無いのでしょうか。

また、子どもの場合、
どれぐらいの日数で治るのでしょうか。

インフルエンザは自然に治せる? 子どもの場合の日数は?

a14d7884baa5eeb34b9dba91d2447e1c_s

インフルエンザは免疫力頼み?

064578

インフルエンザに感染した場合、

医療機関で抗インフルエンザウイルス薬が処方されます。

 

しかし、この薬はあくまでも「インフルエンザウイルスの増殖を防ぐ薬」であり、

ウイルスを死滅させたり、インフルエンザを治すための薬ではありません。

ですので、インフルエンザからの回復は、

人間の体にもともと備わっている免疫力頼みなのです。

 

インフルエンザを自然治癒させるつもりなら、免疫力の低下を防がなければなりません。

インフルエンザに感染すると、とにかく体力を消耗するので、

放っておくと免疫力がどんどん下がっていきます。

それを防ぐのが、自然治癒の上での大きなポイントです。

 

温かくして、ゆっくり休養してください。

脱水症状には十分注意しましょう。

栄養のある消化の良いものを食べて、体力を落とさないようにすることも重要です。

 

しかし、インフルエンザは、

どんなに体力のある人でも一度感染すればひどく消耗します。

体力に自信の無い人は、できるだけ早く医療機関を受診し、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

薬の力を借りると、1日から2日程度回復が早まるとされています。

市販薬で対応するのはおすすめしません。

 

市販薬の成分によっては、重篤な後遺症を引き起こすことがあります。

自己判断で薬を服用せず、インフルエンザが疑われる場合は、

必ず医療機関で薬を処方してもらいましょう。

sponsored link

インフルエンザからの回復日数

eb34e49f54747730867268e5db24a2b1_s

インフルエンザからの回復には、約10日程度かかるとされています。

しかし、個人差が大きく、

人によっては10日以上かかることも珍しくありません。

 

インフルエンザウイルスは、感染力が非常に強いウイルスです。

そのため、体内にインフルエンザウイルスが残っていると思われる期間は、

出席・出勤停止の措置を取ることが望ましいでしょう。

 

子どもの場合は、熱が下がってから2日+発症後5日が出席停止期間です。

大人の場合は法律で定められた明確な決まりはありませんが、

感染を防ぐためにも、子どもに準じた行動をとることが勧められます。

 

インフルエンザはとにかく感染力が強いウイルスです。

他の人にうつさないためにも、感染時の外出は避け、

家でしっかり休養しましょう。

sponsored link

この記事のポイントまとめ

こた

インフルエンザのワクチンで治療効果が得られるという事は、私も勘違いしていました。自然治癒と予防を組み合わせて、インフルエンザにかかりにくい、早く治せるカラダづくりを目指したいですね。

  • 免疫力を落さないこと
  • 市販薬は使わないこと
  • 約10日程度で治癒します

sponsored link