メグ

毎年冬になると、インフルエンザが爆発的に流行しています。
日頃から予防に努めるだけでなく、ワクチン接種を受ける人も少なくありません。

インフルエンザはとにかく感染力の強いウイルスです。
症状が消えて回復した後も、油断はできません。

ここでは、インフルエンザウイルスが体内に潜伏している期間を
発症の前と後に分けて解説します。

気付かないうちに感染してる!? インフルエンザの潜伏期間に要注意!

014efe199230dfc9da2acff0a11f961f_s

インフルエンザ発症までの潜伏期間はどれくらい?

eb5c41f487f7b7b5eedb9f1e59d83760_s

インフルエンザにはいくつかのタイプが存在します。

  • 高熱などの激しい症状が出るA型
  • 胃腸の症状が強く出るB型
  • 鼻水の症状が強く出るC型

 

それぞれ同じインフルエンザでも原因になるウイルスが異なるので、

症状も微妙に異なってきます。

 

しかし、いずれのタイプでも、

1~3日の潜伏期間の後に症状が出てくるのは変わりません。

 

潜伏期間中、ウイルスは人間の体の中でどんどん増えています。

ウィルスたちは自分の仲間を増やすために、

とんでもないスピードで増殖しているのです。

インフルエンザウイルスの一番の特徴は、この増殖のスピードといっても良いでしょう。

 

仮に1つのウイルスに感染したとして、

8時間後にはウイルスが100個に増えているのです。

16時間後には1万個、24時間後には100万個にまで増えてしまうと言われています。

 

また、インフルエンザウイルスは、症状が出ていなくても感染する厄介なものです。

くしゃみや咳が出ていなくてもマスクを着用するようにして、

他の人への感染を防ぎましょう。

 

もし身近なところでインフルエンザが流行していたら、

症状が出ていないからといって油断せず、

マスクを着用するなどして、感染防止に努めることが流行を食い止めます。

sponsored link

発症後も「油断大敵」な理由とは?

253769e092a77a17fd31520e4e8412c8_s

インフルエンザの辛い症状が消えたからといって、

ウイルスが完全に体の中から消えたわけではありません。

症状がある時よりも量は少なくなりますが、

インフルエンザのウイルスは排出されています。

 

インフルエンザに感染したら

  • 発症から5日
  • 熱が下がってから2~3日

は最低でも、感染防止のための対策を行ってください。

 

子どもであれば、出席停止期間が明けてからも注意するようにしましょう。

学校や幼稚園、保育園に行くときはマスクを着用させてください。

 

また、マスクの貸し借りをすることも避けてください。

どんなに可愛いマスクでも、貸し借りをしてはいけません。

マスクに付いているインフルエンザウイルスが、貸した相手の体内に入り

インフルエンザを引き起こす恐れがあるからです。

 

インフルエンザは、非常に強力な感染力を持つウイルスです。

感染を防ぐためには、潜伏期間にも注意する必要があります。

インフルエンザの潜伏期間を知って、しっかり感染拡大を防ぎましょう。

sponsored link

この記事のポイントまとめ

こた

感染力が強いインフルエンザウィルスには油断大敵。潜伏期間というやっかいなものもあるので、予定を狂わせることもしばしばです。何事も100%の予防は出来ませんが、少しでもその可能性を下げて健康体でいたいですね。

  • 発症前の潜伏期間は1~3日
  • 発症後は熱が下がってから2~3日は油断大敵
  • 感染拡大防止のためにきちんとマスクを着用しよう

sponsored link