メグ

一番身近な脳の病気といえば、
脳卒中と脳梗塞ではないでしょうか。

家族や近しい人が発症したという方も少なくないでしょう。

しかし、脳卒中と脳梗塞は何が違うのでしょうか。

ここでは、脳卒中と脳梗塞の違いと早期発見のためのポイント、
そしてその予防法を簡単にお話します。

脳卒中と脳梗塞の違いとは?その前兆と予防法

9573fafadedb2d3c0c4fc816a870f8ac_s

脳卒中ってどんな病気?

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳卒中とは、脳に血液が流れなくなって、

脳の細胞が死んでしまうことを言います。

 

それに対して、

脳梗塞も脳卒中の中の一つの症状です。

脳に血液が流れなくなると、酸素が供給されず、

どんどん細胞が死んで行ってしまいます。

すると、手足が痺れたり、言葉が上手く出なくなったりという症状が出てきてしまうのです。

 

脳卒中には、脳梗塞以外にもいくつかの症状があります。

くわしく見ていきましょう。

脳出血

脳の中の血管が破れて出血することで、細胞がダメージを受けてしまった状態。

くも膜下出血

脳の表面をおおう膜のひとつである「くも膜 」の下で出血してしまった状態。

一過性脳虚血発作

何らかの理由で一時的に脳に血液が流れなくなってしまった状態。

 

これら3つのいずれの場合も、放っておくと命に関わる症状です。

また、重い後遺症が残りやすい病気でもあるため、

生活習慣を見直して、脳卒中のリスクを減らすことがとても重要です。

脳梗塞ってどんな病気?

634dc47d2d5bc1abeb75fcf8209d741d_s

脳卒中の中の一つの症状である脳梗塞は、

脳の血管の中に血の塊ができて、

血管が塞がってしまうために起きる症状です。

 

脳梗塞になると、体のあちこちに様々な症状が出てきます。

手足が動かしにくくなったり、

言葉が出にくくなったり、その症状は本当に様々です。

 

ちなみに脳梗塞になる割合は、脳卒中患者の約65%と言われています。

それほど多い割合の脳梗塞なので、特に注意が必要です。

 

今では薬を使って治すこともできるようになりましたが、

後遺症が残りやすい病気であることは変わりません。

特にマヒの後遺症が残る人が少なくありません。

 

大きな血管が詰まっていないから症状が出ていないだけで、

小さな脳梗塞がいくつも脳に出来ている人もたくさんいます。

脳梗塞を防ぐには、日々の生活習慣を見直し、

健康的な毎日を過ごすことが肝心です。

「おかしい!」と思ったら早急に行うこと

d96f4731d9f377a79d227c49c305d39b_s

脳卒中は時間との勝負です。

早く病院に行って処置を受ければ、後遺症も比較的軽くて済みます。

では、具体的にそれぞれどのような事を行っていけばいいのか、

詳しく見ていきたいと思います。

脳梗塞の場合

脳梗塞の場合は、体の片側のマヒや悪心が見られます。

ろれつが回らなくなったり、文字が思うように書けなくなるのも特徴です。

 

こういった症状が見られたら、

すぐに脳や神経の専門科がある病院に行きましょう。

くも膜下出血の場合

くも膜下出血が起こると、ハンマーで頭を殴られたような激しい痛みを感じます。

加えて吐き気や嘔吐の症状が出たり、

人によっては意識を失うこともあるので、非常に危険です。

すぐに救急車を呼んでください。

この記事のポイントまとめ

こた

脳梗塞や脳卒中は同じ脳の病気ですが、大きな枠組みは脳卒中です。どちらもなった後の対応が非常に重要です。いつかくるかもしれないために、しっかりと頭に置いておきたいですね。

  • 脳梗塞は脳卒中の一つの症状
  • 前兆を見逃すな
  • 予防は日々の生活から

sponsored link