こた

脳梗塞といえば、誰しも耳にしたことがあるでしょう。
有名人でも脳梗塞を発症した人は少なくありません。

脳梗塞は、ある意味、私たちに最も馴染みのある脳の病気ですが、
時には命に関わることもあるおそろしい病気です。

そんな脳梗塞ですが、
現代では、早期発見できれば
比較的後遺症を残すことなく治療ができるようになっています。

ここでは脳梗塞を早期発見するために知っておきたい初期症状と
気になる「いびき」との関係についてお話します。

脳梗塞の気になる症状!いびきは脳梗塞の初期症状?

7d05b5030060bf85ce4058d7d18e6c52_s

当てはまるとキケン!脳梗塞の4つの初期症状

ee71ca9c1d398e78e9e2424ab9c7ba3d_s

脳梗塞は、脳の血管が何らかの理由で詰まってしまい、

詰まってしまった部分から先に血液が流れなくなってしまう病気です。

 

血液が流れなくなると、脳細胞はどんどん死んでしまいます。

その結果、手足の麻痺や、

言葉が出てこないといった言語症状が出てくるのです。

 

もしあなたにも、

  • 手足の片方に力が入らない。または、痺れている
  • ろれつが回らない
  • 気分が悪い
  • 思うように字が書けない

といった症状が見られた場合は、脳梗塞の疑いがあります。

その時は、ためらわずに病院を受診してください。

これを放っておくと命の危険があります。

sponsored link

脳梗塞の前兆はいびきをかく?

c2115f6277b0f0795c4b162a83e1af30_s

脳梗塞は、実はいびきと大きな関係があります。

もし周囲に大きないびきをかいている人がいたら、

一度病院で検査を受けるように言いましょう。

 

脳梗塞になると、脳の血流が悪くなります。

すると喉などの筋肉が弛緩して、

舌が落ち込んでしまうために気道が圧迫され、

いびきをかいてしまうことがあるのです。

 

この時のいびきは、

まるで人間のものとは思えない物凄いいびきです。

 

息を吸う時も吐くときもいびきをかいている場合や、

いびきが突然止まるといった場合も注意しましょう。

 

心当たりがある時は、

脳神経外科もしくはいびき専門外来を受診して、

検査を受けるのが安心です。

 

病院に一泊して、寝ている時の呼吸や脳の状態を検査してもらいます。

sponsored link

実は要注意!警鐘を鳴らす「いびき」とは?

21731ad65f5a1c5459f56a17e58eb544_s

脳卒中で意識を失っている時にも、いびきをかく場合があります。

もし寝ている時のいびきと区別がつかないようなら、

一度軽く体を揺さぶってみましょう。

それで起きれば問題ありません。

 

しかし、呼びかけに答えなかったり反応が無かったりする場合は、

意識を失っている可能性が非常に高いです。

その場合は、すぐに救急車を呼んでください。

この記事のポイントまとめ

メグ

脳梗塞は急ではなく、じわじわと進行するので未然に防ぐことができます。また、普段の生活でも防止することができます。生活改善を図り、脳梗塞にかからないカラダづくりに努めていきましょう!

  • 脳梗塞の初期症状に注意
  • ひどいいびきは脳梗塞のサイン
  • いびきがひどい場合は声を掛けてみて

sponsored link