こた

夏の暑い時期、炎天下に長時間居ると熱中症になることがあります。
しかし、屋内でも熱中症になることがあるので注意が必要です。
最近では熱中症になった場合の対応も広く知られていますが、
嘔吐や下痢を伴う熱中症の場合はどうでしょうか?
ここで熱中症の適切な対処法を知っておきましょう。

夏になる前に知っておこう!嘔吐や下痢を伴う熱中症の対処法

b77274676be7c4f6c9b43da380f8c258_s

熱中症の症状とは?

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s

ひとえに熱中症といっても、その症状は様々です。

発熱や脱水症状だけでなく、

痙攣や意識障害が見られる場合もあります。

 

それだけでなく、

嘔吐や下痢といった消化器系の症状が見られることもあります。

 

嘔吐や下痢を伴う熱中症で怖いのは、脱水症状です。

経口補水液やイオン飲料など、

ミネラルを含む飲み物で水分を補給することが重要です。

 

しかし、水分をしっかり補給しているにもかかわらず、

呼びかけても反応が鈍くなったり、

汗を全くかかなくなったりした場合は要注意です。

なぜかというと、

脱水症状が進行しているサインだからです。

すぐに病院を受診し、適切な処置を受けましょう。

sponsored link

熱中症で嘔吐してしまう原因と対処法

330480

熱中症による嘔吐の原因は、

ずばり、内臓の血液不足です。

 

熱中症になり体温が上がると、

体は体温を下げるために、

皮膚の表面を流れる血液の量を増やします。

 

すると、皮膚の表面に血液が集中してしまうため、

内臓などは一時的に血液が足りなくなってしまうのです。

その結果、吐き気や嘔吐といった症状が現れます。

 

また、たくさん汗をかくことによって、

体の中の水分が大量に失われると、

心臓や脳を守るために血管が収縮します。

 

その刺激で吐き気や嘔吐が起きる場合もあります。

熱中症で下痢になってしまう原因と対処法

317761

熱中症による下痢は、

塩分やミネラルが上手く補給できないことで起こります。

 

いくら水分を補給しても、

塩分やミネラルが補給されないため、

体は体内の水分量を調整しようと、

余分な水分を排出しようとします。

 

すると、その余分な水分が、

下痢となって現れるのです。

 

熱中症による下痢の特徴は、

毎食後必ずお腹が緩くなることです。

 

熱中症により自律神経が乱れている証拠でもあるので、

脱水症状にならないよう注意しながら、

できるだけ無理をしないで過ごすようにしましょう。

 

また、症状が無くなったからといって、回復したとは限りません。

2日から3日、できれば1週間程度は、

無理をしないようにして体を休めてください。

sponsored link

脱水症状を防ぐために大切なこととは?

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s

嘔吐の場合も、下痢の場合も、

脱水症状にならないように気を付けることが大切です。

どちらも水分補給を怠ると、

あっという間に脱水状態に陥ります。

 

熱中症にかかった場合は、

決して無理をせず、

一度医師の診察を受けるようにしましょう。

この記事のポイントまとめ

メグ

暑い夏が来ると誰にでも熱中症になる危険性はあります。決して無理をせず、こまめな水分補給を心がけて、夏の暑さを快適に乗り切りましょう。

  • 嘔吐や下痢が見られる場合は脱水症状に注意
  • こまめに適切な水分補給を行おう
  • 無理は禁物。病院で適切な処置を受けよう

sponsored link