こんにちはメグです♪ megu 東京の川と言ったら隅田川。

春は桜、夏は花火と、季節を通して様々なイベントが行われます。

そしてなんといっても、最大のイベントは隅田川花火大会です。

 

そこで今回は、 2015年の隅田川花火大会についてまとめてみました。

sumida

2015年の隅田川花火大会の内容

2015年度の隅田川花火大会は

7月25日(土)に開催されます。

 

雨天の場合は翌日へ順延

翌日も雨天の場合の順延はなく、中止となります。

 

また、場所取りのマナーの悪化が近年問題になっており、

交通規制前の道路に場所取り用の粘着テープを貼り付ける

などの迷惑行為が頻発しています。

 

これらの行為は交通事故の原因ともなりかねず、

道路交通法への違反行為でもあるため、

今後は厳しく取締りが行なわれるものと見られています。

会場で気を付けたいポイント

隅田川花火大会は桜橋下流から言問橋上流まで

駒形橋下流から厩橋上流の2ヶ所に分かれて

花火の打ち上げが行われます。

 

花火観覧のために用意される 有料の会場は4ヶ所あります。


sponserd link

それぞれの観覧場所では市民協賛を募集しており、

1口購入すると1~22人分の招待券として使用

することができます。

1口当たりの人数は会場により異なります。

有料会場①両国親水テラス

蔵前橋から総武線鉄橋の間、

墨田区側に設置される両国親水テラスは

唯一椅子席のある会場で、1口5,000円で1人分です。

例年1,800口ほどを募集しています。

有料会場②台東リバーサイドスポーツセンター野球場

台東リバーサイドスポーツセンターの

野球場と少年野球場はビニールシート席となり、

1口6,000円で5人分までとなります。

例年1,500口ほどを募集しています。

 

また、台東リバーサイドスポーツセンターの野球場には

団体用のビニールシート席も設けられ、

1口24,000円で22人分までとなります。

例年50口程度を募集しています。

団体の場合はコチラがお得ですね。

隅田川花火大会とは?

ではここで、

長い歴史を誇る隅田川花火大会をおさらいしましょう。

 

隅田川花火大会は、

隅田川沿いの河川敷で開かれる花火大会で、

例年7月の最終週の土曜日に開催されています。

 

神宮外苑花火大会、東京湾大華火祭とともに

東京三大花火大会の1つに数えられるものの、

打ち上げ数では当花火大会が突出しており、

2万発以上の花火が打ち上げられます。

 

この花火大会の見物客は100万人近くと言われ、

テレビ東京による独占放送での テレビ放映もされています。

 

また、この花火大会で打ち上げられる花火は

両国に縁のある花火業者7社と

全国花火競技大会などを勝ち抜いた3社が

それぞれの技術や個性を見せ合う

「花火コンクール」となっているため、

全国的にレベルの高い花火を見ることができます。

隅田川花火大会のこれまでの歴史

隅田川花火大会の発祥は江戸時代、

1732年にまで遡ります。

 

コレラと大飢饉により数多くの死者が出たこの年に、

8代将軍の徳川吉宗が隅田川の河畔で

死者の霊を弔うことと疫病の終息を祈願し、

川開きの日に合わせて花火を打ち上げたことが

隅田川花火大会の起源となります。

 

明治維新や第二次世界大戦など、

国内の情勢によって

何度も中止と再開を繰り返しながら開催されてきました。

 

そして1978年に

現在の呼称「隅田川花火大会」として再開し、

以降は毎年開催されています。

 

なお、

花火大会がテレビ東京の独占放送となっているのは、

1978年の再開に向けて積極的に協力したのが

テレビ東京であったためです。

穴場とされるおすすめスポット

隅田川花火大会は神宮外苑花火大会、

東京湾大華火祭よりも有料席の数が少ないため、

花火の打ち上げ場所近辺は全体的に混雑します。

 

また、当日は隅田川に架かる橋が一方通行となり、

立ち止まりが禁止されるなどの規制がかかるため、

花火を見に行く場合は早めに場所取りを行い、

どのような交通規制が敷かれているのかについて

事前に確認しておくことが重要となります。

穴場①浅草小学校脇の公園


sponserd link

浅草駅から徒歩3分の距離にある 浅草小学校脇の公園は、

スカイツリーと花火どちらも見ることのできるスポットです。

穴場②浅草寺

浅草駅から徒歩5分の距離にある浅草寺は境内が広く、

さらに、多くの人が隅田公園や水戸街道方面に向かうため、

意外にも混雑の少ないスポットです。

 

ただし、より良い場所を狙うのであれば

早めに現地へ向かうことをお勧めします。

穴場③汐入公園

南千住駅から徒歩14分ほどの距離にある汐入公園は

会場からは離れるものの、

花火をしっかりと見ることのできるスポットです。

 

会場から遠い分空いているため、

座ってゆったりと見たい場合にお勧めです。

穴場④東白鬚公園

鐘ヶ淵駅から徒歩8分の距離にある東白鬚公園は

汐入公園の隅田川を挟んで向かい側にある公園で、

より花火会場の近くに位置するスポットです。

ここではゴザの無料貸し出しがあります。

穴場⑤銅像堀公園

曳船駅から徒歩10分ほどの距離にある銅像堀公園は

高架下にある公園で、第一会場の桜橋から近く

花火も花火の爆音も楽しむことのできるスポットです。

あとがき

東京都では一番有名とも言われる隅田川花火大会。

かなりの人手でにぎわうのですが、

最近では雨により中止になってしまった例があるので、

まずはみんなで晴れる事を願いましょう!

 

今年も感動の隅田川花火大会、楽しみにしています♪