こんにちは!こたです☆ kota東京三大花火という事で名高い、

神宮花火大会が2015年もついにやってきます。

大迫力の花火はもちろん、

様々なイベントが催されまさにお祭り騒ぎとなる

神宮花火大会についてまとめてみました。

jinguu

2015年度の神宮花火大会の内容

2015年度の神宮花火大会の日程は

まだ発表されていません。

ですが、これまでの開催日程から

8月15日(土)が有力と言われています。

 

前夜祭の開催はその前日の8月14日(金)、

本大会の当日が雨天の場合は

翌日に延期となります。

 

神宮花火大会とは?

まずは神宮花火大会のこれまでを振り返ってみましょう。

 

神宮花火大会とは、

正式には神宮外苑花火大会と呼ばれ、

その名の通り明治神宮外苑で開催される花火大会です。

 

主催に日刊スポーツ新聞社、ぴあが共催し

各種メディアの一部と新宿区、渋谷区などが

後援に名を連ねています。

 

例年約1万発の花火が打ち上げられ、約15万人が来場。

神宮外苑周辺の会場以外からの見物客も合わせると

100万人以上がこの花火大会に訪れています。

 

 

毎年8月に開催されており、

東京湾大華火祭、隅田川花火大会とともに

東京三大花火大会に数えられます。

 

この花火大会の最大の特徴として、

花火の打ち上げ前に行なわれる

ゲストによるライブパフォーマンス

協賛社のCMに出演するタレントのゲスト出演が挙げられます。

 

また、2010年以降は

お笑いタレントの松村邦洋が総合司会を勤めており、

花火打ち上げ前に物真似を披露することが恒例となっています。

神宮花火大会のこれまでの歴史

神宮花火大会は1980年に

明治神宮鎮座60周年を記念するイベントとして、

神宮球場のバックスクリーン横から花火が打ち上げられたことを発祥として、

以降毎年の恒例行事となりました。

 

第2回以降は神宮第二球場からは

打ち上げ花火、神宮球場からは仕掛け花火が

打ち上げられています。

 

東日本大震災が発生した2011年以降は

チャリティーイベントとなり、

入場料など収益の一部を義捐金として寄贈しています。

 

また、2020年に開催される

東京オリンピックに向けて会場の1つであった

国立霞ヶ丘陸上競技場の改修工事が開始されたため、

使用できなくなりました。

 

それに代わって2014年以降は

神宮球場で前夜祭が開催され、

アトラクションや仕掛け花火の打ち上げが行なわれています。

花火会場の立地6か所のポイント

神宮花火大会では会場が6か所あります。

  1. 神宮球場
  2. 秩父宮ラグビー場
  3. 明治神宮外苑軟式球場
  4. 明治神宮絵画館前広場
  5. 東京体育館敷地内
  6. 国立西テニスコート

これらの会場で花火を見るためには

有料のチケットを購入する必要があります。

 

チケットは全て共催のぴあから販売されており、

電話またはWeb、

コンビ二エンスストアで購入することができます。

会場①神宮球場

神宮球場はメイン会場で、

前夜祭もこの会場で行なわれます。

交通アクセスには、

  • 総武線「信濃町駅」
  • 銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」
  • 銀座線「外苑前駅」

が便利です。

 

当日は立ち入り規制エリアが敷かれ、

総武線「千駄ヶ谷駅」大江戸線「国立競技場駅」からは遠回り

となるため注意が必要です。

 

また、神宮球場は

打ち上げ会場に隣接しているため、

最も迫力ある花火を見ることができる会場です。

会場②秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場へのアクセスは、

  • 銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」
  • 銀座線「外苑前駅」

が便利です。

 

この会場でもライブが行なわれ、

ラグビーフィールド越しに花火を見ることができます。

最寄り駅からのアクセスが良いことも特徴のひとつです。

会場③明治神宮外苑軟式球場

明治神宮外苑軟式球場へのアクセスは、

  • 総武線「信濃町駅」
  • 銀座線・半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」
  • 銀座線「外苑前駅」

が便利です。

 

この会場もライブが行われ、

多くの屋台も立ち並ぶため、

最もお祭りの気分を味わうことのできる会場です。

会場④明治神宮絵画館前広場

明治神宮絵画館前広場へのアクセスは、

総武線「信濃町駅」が便利です。

 

この会場は最も入場料が高いこともあり、

ゆったりと花火を見ることのできる会場と言われています。

会場⑤東京体育館敷地内

東京体育館敷地内へは

  • 総武線「千駄ヶ谷駅」
  • 大江戸線「国立競技場駅」

が便利です。

 

この会場は2014年から新たに設けられた会場で、

ライブはないものの最もよく花火が見える会場です。

会場⑥国立西テニスコート

国立西テニスコートへのアクセスは

銀座線「外苑前駅」が便利です。

 

この会場も東京体育館敷地内と同様、

2014年から新たに設けられた会場で、

打ち上げ場所のすぐ近くの会場となっています。

 

そのため灰が降ってくることがありますが、

会場では灰を防ぐための

フード付きマフラータオルが配布されます。

「たまや~」な6つの絶景穴場スポット!

神宮花火大会では有料の会場以外にも

花火を見ることのできるスポットがあります。

 

リーズナブルに楽しみたい方にはおすすめの、

6つのスポットについてまとめました!

穴場スポット①明治公園

国立霞ヶ丘陸上競技場と

神宮球場に囲まれている明治公園は

花火を真上に見ることができるスポットです。

 

公園の敷地面積は約5万7千平方メートルで、

ゆったりと花火を見ることができます。

穴場スポット②新宿NSビル

新宿NSビルの展望台は会場から最も近く、

かつ無料で入ることのできる展望台です。

 

同じ建物内の29階のレストランからも

花火を見ることができます。

穴場スポット③伊藤忠商事本社ビル周辺

秩父宮ラグビー場に隣接する

伊藤忠商事本社ビルの周辺は花火がよく見え、

かつ青山一丁目駅まで徒歩数分で行くことができるため、

混雑にほとんど巻き込まれることなく帰ることのできるスポットです。

穴場スポット④日本青年会館周辺

神宮第二球場と明治公園の間に位置する

日本青年会館の周辺は

花火会場のすぐ近くのため、

迫力ある花火を見ることのできるスポット。

 

ただし、このスポットは混雑するため

早めに現地へ行くことをお勧めします。

穴場スポット⑤恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイスの38階、39階にあるレストラン街には

無料で入ることのできる展望台が設置されています。

 

花火会場からは離れていますが、

その分混雑はなく、

また、花火の後に食事を楽しむこともできるスポットです。

穴場スポット⑥六本木ヒルズ展望台

六本木ヒルズの展望台「東京シティビュー」にある

「スカイギャラリー」と「スカイデッキ」は

海抜250メートルゆえに視界を遮るものもなく

花火を見ることのできるスポットです。

 

ただし、7月初めに販売される

有料チケットが必要となるため、

販売の時期を事前に確認し早めに購入する必要があります。

あとがき

有料会場か、それとも無料会場か、

とっても迷うところですが、

今年はより綺麗な花火を見たいので、

明治神宮絵画館前広場で見ることにしました。

 

でもお盆真っ最中に開催される神宮花火大会ですから、

かなりの人手でにぎわうので、

お祭りムードが好きな方にとっては最高のイベントですよね!

みなさんもぜひ、

自分に合った会場で花火を楽しんでみてください♪