こた

日頃頭痛に悩まされている人も少なくないでしょう。
しかし、頭痛と一口に言っても、
原因によって3つのタイプに分けることができます。

ここでは、頭痛のタイプ別に
自分でも簡単に押せる「頭痛のツボ」をご紹介します。

頭痛に効くツボ~頭痛のタイプ別のおすすめのツボ~

aff07be5fb887cf8db286c81fe3ace17_s

緊張型頭痛に効くツボ

a933265952cd5c39febbd42d11689ea0_s

緊張型頭痛は、首から肩にかけての筋肉が緊張し、

血流が悪くなることで起きる頭痛です。

頭を締め付けられるような痛みが特徴で、

誰にでも起きる可能性がある最もポピュラーな頭痛です。

 

緊張型頭痛を解消するには、

筋肉の緊張を和らげてあげることが効果的です。

 

そのためには、

風池(フウチ)というツボを刺激するのが効果的です。

 

風池は、

「耳の後ろの出っ張っている骨から2~3㎝首側、髪の生え際よりも少しだけ上のところ」

にあります。

 

また、風池は眼精疲労に効くツボでもあります。

ここを温めたり押したりすると効果的です。

コリをほぐすようなイメージで刺激しましょう。

sponsored link

片頭痛に効くツボ

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s

片頭痛は、

脳の血管が拡がり、炎症を起こすことで出てくる頭痛です。

ズキズキとした痛みが特徴で、若い女性によく見られます。

 

片頭痛を解消するには、

こめかみを押さえたり冷やしたりして、

脳に流れる血液を少なくしてあげることが効果的です。

 

片頭痛に効くツボは、百会(ひゃくえ)です。

 

百会は「頭のてっぺん」にあるツボで、

ここを押すと片頭痛の痛みが和らぐと言われています。

 

また、合谷(ごうこく)というツボも効果的です。

 

合谷は、

「親指の骨と人差し指の骨がぶつかるところからやや人差し指側」

にあります。

百会と合谷は、ゆっくりと長めに、強く押してください。

sponsored link

群発性頭痛の場合

ae15e030ecbfdfb02eb79724848dd516_s

群発性頭痛は、女性よりも男性によく見られる頭痛です。

ある期間に集中して頭痛が起きるのが特徴で、

一度発症すると長期にわたって悩まされる人が少なくありません。

 

痛みは、グリグリと目を抉られるような痛みで、

耐えられないほど強く痛むことも稀ではありません。

 

群発性頭痛の原因は、

目の裏側にある内頸動脈が拡がって起きる炎症だと言われています。

アルコールは頭痛を誘発するので、できる限り控えるようにしましょう。

 

群発性頭痛に効くツボですが、

実際のところ、

群発性頭痛はツボで和らげることができるような痛みではありません。

ですので、効果的なツボは存在しません。

 

ツボなどのセルフケアよりも、

一度病院を受診して、医師の処置を受けたほうが良いでしょう。

この記事のポイントまとめ

メグ

頭痛を発症してしまっても、ツボを押すだけで痛みを和らげられることは、知っておいて損ではありません。様々な状況で自分で対応できることになりますので、どんどん活用して健康な体作りのきっかけにしていきましょう。

  • 緊張型頭痛には風池
  • 片頭痛には百会と会谷
  • 群発性頭痛は病院へ

sponsored link