こんにちはメグです♪

megu

小江戸と称されることで有名な埼玉県の川越市。

そこで有名な祭りが、川越祭りです。

そこで今回は、川越祭りの2015年の情報についてまとめてみました。

f0dc71f9a5c7ef2c7cd509cb2c1f712f_s

川越祭りとは?

正式には「川越氷川祭」と呼ばれ、

毎年10月第3土曜日、日曜日の

2日間にわたって開催されるお祭りです。

 

埼玉県川越市の川越氷川神社の祭礼として

360年以上の歴史のあるお祭りで、

常陸國總社宮大祭・佐原の大祭と並んで

関東三大祭りの1つに数えられています。

 

川越祭りでは山車が川越の町中を曳行します。

山車の最上段には地上に降り立つ神を現す

精巧なデザインの施された人形が乗り、

山車の中段に設けられた舞台では囃子の演奏が行われます。

 

小江戸と称される蔵造の建造物が立ち並ぶ

川越の町並みに伝統的なデザインの山車が曳行し、

囃子が鳴り響くさまを見るために、毎年80万人前後の見物客が訪れます。

 

川越市が公開する情報によると、

川越祭りに参加する山車は29台おり、

毎年15台前後が曳行します。

2015年の川越祭りの内容


sponserd link

2015年の川越祭りは

10月17日土曜日と18日日曜日です。

 

山車が曳行する道路は

両日とも朝から夜遅くまで

車両の通行が禁止されることとなります。

 

また、それらの道路の周辺は

多くの見物客で混雑するため、

ベビーカーや自転車での歩行は非常に危険です。

 

臨時駐車場が設置されますが、

交通規制の影響により渋滞が予想されるため、

公共交通機関で向かうことがお勧めです。

川越祭りの起源

川越祭りの起源は江戸時代まで遡ります。

1638年、川越大火によって

川越城下のほとんどが焼け尽くされました。

 

その翌年に川越藩主に着任した松平信綱が

町の再興を進める中で神輿と太鼓を寄進し、

この地域の総鎮守である

氷川神社の神事が行われるようになり、4年目には祭礼となりました。

これが現在の川越祭りの起源です。

 

その後、川越の経済的な繁栄に伴って

規模を広げていきました。

 

川越は現在と同様に江戸時代も小江戸と呼ばれており、

当時から江戸幕府の影響を受けていました。

 

そして、その影響は祭りの様式にまで及び、

神田祭や天下祭のものを受け継いでいます。

 

しかし明治維新以降、

それらの祭りは政府による解体や

電線の敷設など街並みの変化によって

曳行が不可能となったことによって

山車ではなく神輿が中心となる祭りへと変わっていきました。

 

その中でも川越祭りは

本来の山車を中心とする様式を保ったまま

現在まで続いていること、

山車の数が減るどころか現在も増えていることなどから、

2005年に重要無形民族文化財に指定されました。

川越祭りの見所


sponserd link

川越祭りの見所は「曳っかわせ」です。

 

曳っかわせとは、

山車と山車がすれ違う際に

山車と山車を向かい合わせることを指します。

 

向き合う山車はそれぞれ笛や太鼓、

踊りといった囃子で競い合い、

山車を囲む人々は提灯を高く掲げ、

歓声を上げて盛り上げます。

 

特に交差点では

1度に複数台の山車の曳っかわせを見ることができるため、

川越祭りの中でも特に盛り上がる場面の1つです。

 

なお、囃子で競い合うものの

勝敗を決めるための手段ではなく、

最終的にどちらの山車が道を譲るかという点については

その時の進行方向や時間を見て責任者の判断によって決定されます。

祭りのスケジュール

川越祭りは2日間にわたって開催され、

初日は午後2時頃に川越市役所本庁舎前に

その年の祭りに参加する山車が勢揃いするところから始まります。

 

初日の午後6時から7時頃までは「宵山」と呼ばれ、

参加者が休憩や食事に入るため、

山車が飾り置きされます。

 

曳行の時とは異なり

じっくりと山車の精巧な装飾などを見ることができます。

 

宵山が終わると午後9時頃までは

川越市内の主要な交差点で

山車同士の曳っかわせが行われます。

 

昼間の姿とは異なる幻想的な雰囲気をまとった

山車による迫力ある曳っかわせは

初日のクライマックスにふさわしく、大変盛り上がる場面です。

 

2日目は午後1時半から3時頃まで

川越市役所本庁舎前を多くの山車が通りかかります。

 

お祭りのクライマックスは

午後6時半から9時頃までの曳っかわせです。

 

この時間は川越祭りの中でも最も盛り上がり、

鳴り響く囃子や暗闇の中に動く提灯の灯り、

人々の掛け声が交わります。

あとがき

埼玉県において小江戸と言われる川越。

年中観光客が絶えない観光名所ですが、

川越祭りの時は一際引き立つ風情だったことが忘れられません。

夏の祭りではない独特な風情をまた楽しみたいと思ったメグでした♪