こんにちは!こたです☆

kota

有名な祭りが多い四国ですが、そこでもきわめて活気のある祭りと言われている新居浜太鼓祭り。

特に男性であれば一度は見ておいた方がいいとも言われています。

そこで今回は、新居浜太鼓祭りについてまとめてみました。

df2581d0333802ea80129b8381963f1a_s

新居浜太鼓祭りとは?2015年情報


sponserd link

新居浜太鼓祭りは

毎年10月16日から18日までの

3日間を中心として開催される秋祭りで、

愛媛県新居浜市を代表するお祭りです。

 

徳島県の阿波踊り、高知県のよさこい祭りと並んで

四国三大祭りの1つに数えられています。

 

新居浜太鼓祭りでは

豪華な装飾の施された「太鼓台」と呼ばれる山車が

秋の豊作を祝して市内を練り歩きます。

 

太鼓台の大きさは高さ約5.4メートル、

長さ約11メートルと非常に巨大であることに加え、

重量は2.5トンにもなります。

 

そのため、太鼓台は約150人もの担ぎ手が必要とされ、

その役目を務めるのは全て「かき夫」と呼ばれる男性です。

 

また、太鼓台という名の通り太鼓が設けられており、

かき夫たちの士気を上げるためや

太鼓台の動きの統制を取るために

お祭りの間は常に叩き鳴らされています。

 

一地方の祭りにも関わらず、

絢爛豪華な太鼓台の迫力満点の動きを見るために

毎年県内外問わず毎年10万人以上の見物客が訪れます。

2015年は、

2015年10月16日(金)~18日(日)に行われます。

新居浜太鼓祭りの歴史

新居浜太鼓祭りの起源について

確証のある資料は存在していませんが、

平安時代から鎌倉時代にはすでに存在していた

という説が最も有力であると言われています。

 

初期の太鼓台は現在のように巨大ではなく、

神社祭礼をする御神輿のお供をする

山車の1つに過ぎませんでした。

 

しかし、時代とともに

お祭りの中心的な存在となっていったと言われています。

 

明治時代の初期になると新居浜市の発展が進み、

経済的にも人材的にも活気のある時期を迎えました。

 

それと同時に太鼓台の管理をする地区同士が

財力や体力における優位を示そうとする

対抗意識が高まるようになり、

太鼓台に巨大化や装飾の技巧性の高まりが

一気に加速して現在のような形となりました。

新居浜太鼓祭りの見所

「内宮神社石段かきあげ神事」は

新居浜太鼓祭りの冒頭を飾る行事で、

初日の早朝午前4時から大鳥居をくぐり抜け、

長さ約250メートル、約100段にも及ぶ参道を通って

「氏宮参り」が勇壮に執り行われます。

 

「かきくらべ」新居浜太鼓祭りの最大の見所です。

通常の運行時には付けられている車輪を外し、

約150人のかき夫の力のみで太鼓台を担ぎ上げます。

 

そして、太鼓台を持ちながらの力技や

持久力などのパフォーマンスを競います。

 

「船御幸」は、太鼓台を専用の船に乗せて

新居浜港内を周回しながら前述のかきくらべを行う行事で、

豊漁と安全祈願を祈念するために行われます。

新居浜太鼓祭りの問題点


sponserd link

新居浜太鼓祭りは四国三大祭りの1つに数えられている一方で

日本三大喧嘩祭りの1つにも数えられています。

 

その理由は、

祭り中に太鼓台同士をぶつけ合う

鉢合わせが頻発していることにあります。

 

鉢合わせの原因には突発的に発生するもの、

お祭りの盛り上げを狙ったもの、

古くからの因縁によるものなどさまざまなことが挙げられます。

 

問題となるのはこれらの鉢合わせの結果、

一部のかき夫が暴徒化することによって

見物客への危害や警察官との衝突、

太鼓台や周辺施設の破壊に至ることにあります。

 

そのため愛媛県警察はお祭りの安全のために

毎年機動隊を投入して警戒に当たっています。

 

それでもなお鉢合わせが起こり、

悪質な行為と見受けられた場合には

太鼓台の解体と翌年以降の出場停止

という厳しい処分がなされます。

 

しかし、鉢合わせは非常に危険な行為であるとはいえ、

鉢合わせを伝統的な行事として見せる祭りもあること、

鉢合わせを楽しみにやって来る見物客もいることから、

お祭りを盛り上げる要素として必須の要素であると考えている人々もいます。

交通機関への影響

新居浜太鼓祭りの期間中は

太鼓台の進路を確保するために

臨時の交通規制が敷かれて車両の進入が禁止されます。

 

路線バスは通常ルートとは異なる

迂回ルートでの運行や臨時運休の便が出る他、

太鼓台の運行状況に応じてルート変更や

区間運休の可能性があるという旨を示した条件付き運行となります。

 

また、お祭りのタイミングに合わせた帰省ラッシュも発生するため、

新居浜市と関東・関西を結ぶ高速バスを運行するせとうちバスは

年末年始やゴールデンウィーク、お盆の時期と同様に増便を行っています。

あとがき

日本三大のけんかまつりとも言われる新居浜太鼓祭り。

男なので喧嘩などのバトルを見ることは楽しみな反面、

正直怖いというのもあります。

でも、伝統的な観点から見ると、歴史を感じながら見るのもアリです。

喧嘩はしたくないけど、まつりはちょっと見たいというビビりなこたでした♪