こんにちはメグです♪

 

megu

暑い日が続く夏では、その暑さゆえに元気な人でも意外に夏バテになりやすいもの。

そこで今回は、

今年の夏バテの傾向である4つの症状や、

効果的な予防法などをご紹介します。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-PPU_asufarutodebakusuineko-thumb-1000xauto-13328

夏バテとは?

 

夏バテとは、

夏の高温多湿な環境に身体が対応しきれないことで

引き起こる身体の不調を指します。

 

暑い屋外とエアコンの効いた室内との

温度差による体力の消耗や

過剰な発汗による水分不足と汗腺の詰まりから生じる

体温調整機能の喪失、

連日続く熱帯夜による睡眠不足などが

夏バテの主な原因として挙げられます。

 

また、夏バテは真夏の暑さの盛りの時期に限らず、

気温の変化の激しい梅雨から初夏にかけての

季節の変わり目にも起きやすいと言われています。

 

夏バテは特定の病気として分類されてはいないものの、

身体のさまざまな機能が弱まることで

夏風邪やその他の病気に罹りやすい状態となるため、注意が必要です。

 

夏の暑い時期を過ぎても

身体の不調が治まらない場合には

何かしらの病気を罹患している可能性があるため、

病院を受診することをお勧めします。

これを感じたら夏バテを疑え!今年の4つの症状


sponserd link

今年の夏バテの傾向は4つの症状が多いと言われています。

ひとつひとつを詳しく見てみましょう。

疲労感

夏バテの最も代表的な症状は全身の疲労感です。

 

これは自律神経の不調により引き起こされる症状で、

全身の疲労感から食事や運動が億劫となり、

夏バテの症状をさらに進行させてしまうこととなります。

 

また、注意力や集中力の低下にもつながり、

事故などの原因にもなりかねません。

食欲不振

自律神経に不調をきたすことで消化機能が低下し、

食欲不振に陥ります。

 

これにより人間の身体にとって

必要不可欠な栄養であるエネルギーやミネラル、

ビタミンが不足して前述の全身の疲労感を引き起こすことにもなります。

めまい、頭痛

高温多湿な環境下では、

わずかな運動でも大量の汗が出ることとなります。

 

それに対して水分補給が足りていないと

身体が脱水状態となり、

めまいや頭痛といった症状が表れます。

 

また、汗はかいた後に蒸発することで

身体の表面の温度を下げますが、

日本の夏に特有の湿度の高い環境下では

汗が蒸発しないため、体温調節がうまくできません。

 

これによって身体の熱を

外に放出することができないことも

めまいや頭痛を引き起こす原因となります。

下痢、便秘

過剰な発汗による脱水症状の進行や

自律神経の不調による消化機能の低下によって

下痢や便秘といった症状が表れます。

 

また、暑いからと

冷たい飲み物や食べ物を多量に摂取することは

下痢の原因となります。

夏バテを解消する効果的な3つの方法


sponserd link

夏バテを解消するために必要なことは

食事、体温調整、睡眠です。

 

食欲が出ない中でも量より質を重視し、

良質なたんぱく質やエネルギー、

ビタミンを多く含む食品を摂ることを意識します。

 

これらに当てはまる食材としては

玄米、豚肉、うなぎ、豆類、ねぎ、山芋

などがあります。

 

調理が楽で食べやすい麺類の中に

これらの食材を取り入れることがお勧めです。

 

自律神経に不調を来たすほどの

負担が身体にかかりすぎない室内外の温度差は

5度までと言われています。

 

これを意識してエアコンの温度を調節するか、

公共の場など自身でエアコンを調節することのできない場合は

体温調整のしやすい服装を用意します。

 

夏バテを最も効果的に防ぐためには

疲れを溜めないよう、良質な睡眠を取ることです。

 

就寝前の30分から1時間前に

ぬるめのお湯に浸かり、

出来る限り規則正しいリズムで睡眠を取ることを意識して

1日の疲れをその日のうちになくすことが重要です。

 

真夏の熱帯夜のために寝苦しさを感じる場合には

氷枕を使って頭部を冷やすと

寝付きを良くすることができます。

あとがき

夏バテは、程度が大なり小なり誰もが感じるものです。

でも、それをしっかりと予防やケアを行えば、

防ぐことができるのも事実です。

気分が開放的になる夏ですが、

夏バテ予防も忘れずに心がけていきたいと思ったメグでした♪