こんにちは!こたです☆

kota

屋形船といえば、都内を流れる川を使った、

屋形船が有名ですよね。

風流を感じ、花火のシーズンになると船上から観覧できる穴場スポットです。

そこで今回は、そんな屋形船について、

花火を見て楽しめることを条件に、いくつかの屋形船をまとめてみました。

ご予約やご乗船の際の参考にしていただけたらと思います。

yakata

屋形船の特徴は?

屋形船は和舟の一種で、

船上で宴会や食事を楽しむことが主な目的で、

屋根があり座敷が備え付けられているものを指します。

 

起源は平安時代まで遡り、

貴族が楽しむものとして使われていました。

 

江戸時代に入り

河川の整備が進むに従って広く使われるようになり、

大名や豪商が花見や花火見物、

月見などの遊びのために愛用されていました。

 

第二次世界大戦後の

河川の水質汚染を受けて数を減らしたものの、

昭和時代の末期にさしかかった頃には

河川の水質に改善が見られ、

バブル景気も手伝って再び親しまれるようになりました。

 

現在では観光用に屋形船に乗って周遊することのできるものもあり、

さまざまな楽しみ方のできるものとして人気があります。

花火が見れる屋形船①「濱田屋」


sponserd link

「濱田屋」の屋形船は

最大全長30mで、80名まで乗船が可能です。

 

また、モダンなダイニングスタイルの内装と

伝統的な畳敷きの内装の屋形船が用意されており、

利用者の嗜好に合わせた選択が可能です。

 

さらに、濱田屋では

専任の料理人を配置し、

厳選した食材を使った

オリジナルの料理にも定評があります。

 

濱田屋の屋形船では

足立花火大会、隅田川花火大会、

戸田板橋合同花火大会、江東花火大会、

東京湾大華火祭の開催日に

花火屋形船と題して

夏らしい涼しげな料理を食べながら

花火を見ることのできるコースがあります。

 

料金は花火大会によって異なり、

一人当たり16,200円から29,160円で用意されています。

 

2015年度の花火屋形船は

4月頃から予約の受付を

開始する予定となっています。

花火が見れる屋形船②「あみ達」

「あみ達」の屋形船は

最大全長約30mで、128名まで乗船が可能です。

 

また、船内にカラオケ設備があることが

特徴として挙げられます。

 

あみ達の屋形船では

葛飾納涼花火大会、足立花火大会、

隅田川花火大会、江戸川区花火大会、

江東花火大会、東京湾大華火祭

の開催日に花火屋形船と題して

コース料理と屋上のスカイデッキからの

花火観覧を楽しむことのできるコースがあります。

 

料金が花火大会により異なり、

一人当たり16,200円から34,000円で

用意されています。

 

予約はすでに受付が開始されており、

電話でのみ予約を受け付けています。

花火が見れる屋形船③「晴海屋」


sponserd link

「晴海屋」の屋形船は

最大120名まで乗ることが可能です。

 

すべて畳敷きの伝統的な内装ですが、

足をゆったりと伸ばすことのできる

掘りごたつ式となっていることが特徴です。

 

晴海屋の屋形船では

足立花火大会、隅田川花火大会、

江東花火大会、東京湾大華火祭

の開催日に花火屋形船と題して

コース料理と屋上のスカイデッキからの

花火観覧を楽しむことのできるコースがあります。

 

料金は花火大会によって異なり、

19,440円から34,560円で

用意されています。

 

予約は随時受け付けており、

電話またはFAXまたはメールで

直接問い合わせることとなります。

花火が見れる屋形船④「辰金」

「辰金」の屋形船は80名まで乗ることが可能です。

 

足をゆったりと伸ばすことができる

掘りごたつが用意された屋形船と

立ち座りの楽な椅子席が用意された屋形船があります。

 

辰金の屋形船では

隅田川花火大会、東京湾大華火祭

の開催日に花火屋形船と題して

コース料理を食べながら花火を見ることのできるコースがあります。

 

料金はどちらの花火大会であっても

同じく30,000円から用意されています。

 

予約は随時受け付けており、

ホームページから申込フォームに入力して

予約することができます。

花火が見れる屋形船⑤「網さだ」

「網さだ」の屋形船は

最大82名まで乗ることが可能です。

 

座敷の他、

テーブル席が設置された屋形船も用意されており、

船内の雰囲気は江戸時代の

「粋」をイメージした空間となっています。

 

網さだの屋形船では

足立花火大会、隅田川花火大会、

江戸川区花火大会、江東花火大会、

東京湾大華火祭の開催日に

花火大会屋形船と題して

コース料理を食べながら花火を見ることのできるコースがあります。

 

料金が花火大会により異なり、

一人当たり15,000円から32,400円で用意されています。

 

2015年度分の予約は

ゴールデンウィーク明けに

受付が開始される予定となっています。

あとがき

これまで都内の花火は、陸上での穴場スポットを探し続けてきたのですが、

屋形船での海上での花火もいいんじゃないかと思いました。

屋形船での花火は、意外と花火ファンも見落としがちなんじゃないでしょうか。

都内の風流を、東京湾の上からゆっくりと眺めることが楽しみなこたでした♪