こんにちはメグです♪

megu

全国的に有名な大曲花火大会。

会場となる秋田県では、この日は大変多くの客でにぎわいます。

そこで今回は、大曲花火大会について詳しくまとめてみました。

oomagari-01

大曲の花火について

正式には「全国花火競技大会」と呼ばれ、

秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園で

開催される花火大会です。

 

日本煙火協会の後援と

内閣総理大臣賞の授与があること、

さらに日本三大花火大会として数えられている花火大会には

大曲花火大会と土浦全国花火競技大会がありますが、

より規模と権威のあるこの大会が

「全国花火競技大会」という名称の指すものとなっています。

 

開催時期は例年8月の第4土曜日となっており、

2015年で第89回目を迎える歴史ある花火大会です。

 

1910年に同地区にある諏訪神社の祭典の際の余興として

花火大会が開催されたことが起源と言われており、

第二次世界大戦による中断はあったものの、

次第に規模を広げて

現在では約1万8,000発の花火が打ち上げられる様を見るために

毎年80万人近くが訪れる、非常に人気のある花火大会となりました。

2015年の日程は?

2015年の大曲の花火は

8月22日土曜日に開催されることが決まっています。

 

全国でもこの花火大会でしか開催されない昼花火は

17時30分から18時15分頃まで、

10号玉の部と創造花火の部とで構成される夜花火は

18時50分から21時30分まで行われる予定です。

2015年のプログラム内容


sponserd link

前述の通り、大曲の花火は

昼の部と夜の部とに分かれています。

 

夜の部はさらに10号玉の部と

創造花火の部で構成されます。

 

昼の部では花火の形と色彩が競われ、

赤や黄色、青、緑、紫といった

さまざまな色の色煙を使い、

空に模様を描き出すという

非常に高度な技術を要する花火を見ることができます。

 

10号玉の部では競技大会への参加者が

それぞれ2発ずつの花火を打ち上げて総合得点を競います。

 

創造花火の部では

「花火は丸い」という固定観念に縛られずに

花火の形態や色彩、

リズム感や立体感といった点に着目し、

花火師の創造性を競います。

2015年の会場のポイントは?

前述の通り、大曲の花火は80万人近くの人が訪れます。

 

一方で花火大会会場の

大曲地区の人口は4万人弱であるため、

花火大会当日は平常時の20倍近くの人出となります。

 

大曲の花火では観覧者の安全を最も優先させるため、

路線バスを運休させ、シャトルバスの運行も行わずに

広範囲にわたって交通規制を敷くことにより

観覧者の移動手段を徒歩のみに制限しています。

 

また、花火観覧中に出たごみは

「持ち帰らないこと」が推奨されています。

 

観覧者が会場から持ち帰ったごみを帰路の市内に捨て、

道路に大量のごみが散乱するという問題が起きたためです。

 

会場には大きなごみ捨て場が設置され、

観覧者にごみを捨てて帰るようにとアナウンスが流れます。

2015年の大曲へのおすすめアクセスは?

大曲の花火会場へ電車で行く場合には

JR大曲駅が最寄り駅で、

ここから徒歩30分となっています。

 

前述の通り、花火大会当日は

広範囲にわたる交通規制が敷かれるため、

徒歩以外で会場へ向かうことはできません。

 

また、大曲駅を発着する電車は増発されますが、

大曲バスターミナルを発着

あるいは通過する路線バスは全て運休となるため、

大曲駅へのアクセスは電車以外にありません。

 

大曲の花火会場へ車で行く場合には

秋田自動車道の大曲ICが最寄りで、

ここから約20分となります。

 

ただし、この所要時間は平常時のものであるため、

花火大会当日には20分以上掛かる可能性があります。

 

花火大会当日の渋滞情報については

地元ラジオ局の番組内や

「大曲花火アクセスnavi」と呼ばれる

データバンクで随時確認することができます。

穴場スポットとチケット購入方法


sponserd link

大曲の花火は長時間にわたり、

非常に混雑するため

有料席のチケットを購入することがお勧めです。

 

有料席には3種類あります。

  • 定員6名のA席
  • 定員5名のC席
  • 定員1名のイス席

最も打ち上げ場所に近いA席は23,000円、

A席より通路を挟んで後ろに位置するC席は15,000円、

A席に隣接するイス席は3,000円です。

 

チケットの入手方法には電話、インターネット、

直接販売の3つの方法があり、

いずれの方法も抽選です。

 

電話とインターネットでの受付は

2015年6月15日の10時から6月15日の23時まで

となっています。

 

電話受付はローソンチケット専用ダイヤルで

音声ガイダンスに従って応募を行い、

6月19日の10時から6月21日の23時までの間に

確認電話番号に電話をして

結果を確認することができます。

 

当選した場合は郵便振替決済での支払いとなります。

インターネット受付は

ローソンチケット専用ホームページで受け付けており、

6月19日10時以降に結果が発表されます。

当選した場合はクレジットカードでの支払いとなります。

 

電話とインターネットいずれの場合も

応募することができるのは

座席1種類につき1人2マスまでに制限されています。

 

直接販売での受付は

2015年7月5日の8時から大曲市民会館で行われます。

 

当選した場合のみ

市民会館でチケットを購入することができます。

 

なお、この場合は座席1種類につき

1人3マスまで応募することができます。

 

抽選発表が終わった後、

キャンセルが出た場合は二次販売が行われます。

 

二次販売はインターネットでのみ受け付けており、

2015年7月7日の10時から7月9日の23時まで

専用ページで受け付けており、

7月14日に結果が発表されます。

 

当選した場合は

クレジットカードでの支払いとなります。

 

なお、二次販売で応募することができるのは

座席1種類につき1人2マスまでに制限されています。

あとがき

おそらく日本でも1.2を争う、花火大会であろう大曲花火大会。

東北の秋田県ですが、県外からの来客の方が多いのでは…というほどに人でにぎわいます。

なので、しっかりと対策をしてベストな状態で臨みたいですね!

旦那の実家の隣県なので、今から楽しみにしているメグでした~♪