こんにちは!こたです☆

kota

今回は調布花火大会についてまとめてみました。

会場に足を運ぶ際の参考にしていただけたらと思います☆

chohu-01

調布花火大会とは?

正式には「調布市花火大会」と呼ばれており、

2014年からは「映画のまち調布“夏”花火」

と銘打って開催されています。

 

調布市側の多摩川河川敷より打ち上げられ、

毎年約35万人の人出があります。

 

開催の時期は毎年流動的で決まっておらず、

7月から10月までの間の土曜日

または日曜日に開催されています。

 

7月または8月の夏季に開催される際の

打ち上げ時間は18時30分から19時30分、

9月または10月に開催される際の打ち上げ時間は

夏季よりも1時間から1時間30分ほど早めての開催となります。

 

主催は調布市花火大会実行委員会で、

共催に会場となる調布市と

調布市観光協会が名を連ねます。

2015年の調布花火大会の内容


sponserd link

2015年の調布花火大会は

8月22日土曜日に開催されます。

荒天の場合は順延ではなく中止となります。

 

現時点で発表されている情報によると、

18時30分より開会式を行い、

18時50分から花火の打ち上げが始まります。

 

途中で10分間の休憩を挟み、

19時50分まで約8,000発の花火が

打ち上げられる予定となっています。

 

有料席のチケットは

6月下旬頃より販売が開始される予定です。

調布花火大会の起源と歴史

調布市花火大会の起源は

1933年に開催された「全国輸出振興煙火競技大会」で、

日本煙火競技連盟と調布市環境協会の主催で行われました。

 

この体制での開催は

1968年に周辺の都市化に伴って中止となりましたが、

1982年に「調布市花火大会」と現在の名前に変え、

調布市花火大会実行委員会の単独主催のもと再開されました。

調布花火大会の特徴

調布花火大会で打ち上げられる花火の中で

最も人気のあるプログラムは

クライマックスの「ハナビリュージョン」です。

 

ハナビリュージョンは

音楽と花火を同時に楽しむことのできるプログラムで、

流れる音楽には調布市の地域資源である

映画に使用される音楽が選曲されます。

 

2014年度は子供たちに圧倒的支持を受ける「妖怪ウォッチ」や、

大人気SFシリーズの「スターウォーズ」、

ホラー映画の「リング」などのテーマソングなどが

このプログラムで使用されました。

調布花火大会の会場


sponserd link

調布花火大会の会場は調布市側、

川崎市側それぞれの多摩川河川敷に設置されます。

 

調布市側には京王多摩川会場、

布田・国領会場、

電通大グラウンド会場が設けられます。

京王多摩川会場は有料席と無料の一般席となります。

 

この会場へは京王相模原線の

京王多摩川駅から徒歩4分ほどで、

アクセスの良い会場となっています。

布田・国領会場も有料席と無料の一般席となります。

 

この会場へは京王線の調布駅からは徒歩25~30分、

京王線の布田駅からは徒歩20~25分、

京王線の国領駅からは徒歩20~25分となっています。

 

なお、京王線の調布駅から

バスに乗って会場へ向かうことが可能で、

その場合は中央口の4番のりばより出発する

京王多摩川住宅西行きに乗り、

市民プールで下車すると会場のすぐ近くまで行くことができます。

 

ただし、当日の午後4時以降は

道路が非常に混雑しバスが大幅に遅れるおそれがあるため、

利用する際には注意が必要です。

 

電通大グラウンド会場は全て有料席となります。

この会場へは京王線の調布駅から

徒歩15~20分となっています。

 

なお、京王線の調布駅から

バスに乗って会場へ向かうことが可能で、

その場合は中央口の4番のりばより出発する

京王多摩川住宅西行きに乗り、

電通大グラウンドで下車すると

会場のすぐ近くまで行くことができます。

 

ただし、前述の通り、

バスが大幅に遅れるおそれがあるため

利用する際には注意が必要です。

 

川崎市側には

この花火大会のための会場は設置されないため、

場所取りが禁止であること・トイレや屋台の数が少ないことに

注意をすれば良い場所で花火を見ることができます。

 

この場所へは南武線の中野島駅

または稲田堤駅から徒歩10分ほどです。

あとがき

関東の花火大会でも、終盤に開催される調布花火大会。

ハナビリュージョンが毎回魅力的なのですが、

今年はどんな曲が流れるのかも楽しみにしているこたでした♪