こんにちは!こたです☆ kota

土用の丑の日にウナギを食べることは有名ですが、

そもそもなんでウナギを食べるんでしょうね。

そこで今回は、2015年の土用の丑の日についてまとめてみました。
una

2015年の土用の丑の日





sponserd link


2015年は、7月24日と8月5日です。

ちなみに昨年は1回しかなかったのですが、

2015年は2回もあるんですね。(ウナギをたくさん食べれますね笑)

「土用」ってなんのこと?

土用とは、正式には「土旺用事」と呼びます。

 

中国の春秋戦国時代に生まれた

陰陽五行説に基づく暦で定められている

木行、火行、土行、金行、水行のうち、

土行に象徴される時期が土用となります。

 

木行は春、火行は夏、金行は秋、

水行は冬を指しており、

土行はそれぞれの季節の

合間の移り変わりの時期を指します。

 

そのため、土用は1年に4回あり、

四立と言われる立春、立夏、立秋、立冬の

前の約18日間がそれに当たります。

 

陰陽五行説において、土用は

季節の変化を緩やかに

させることができると考えられています。

 

土は土葬のように死んだものを

土に還す役割と森や畑のように

命を育成する役割の2つを備えているためです。

 

そして、この2つの役割を備える

土用が異なる季節の間にあることで、

過ぎ去る季節から次に到来する季節への

移り変わりが緩やかになる、

ということが陰陽五行説の土用の考え方です。

「丑の日」の意味は?

「丑」は十二支の2番目に当たります。

 

そして、それぞれの年の干支が

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

と順に数え上げられるように、

時刻や日などにもそれぞれ十二支が割り当てられます。

 

そのため、丑の日は1月1日を子の日として、

1月2日、その12日後、24日後、…

と回ってくることとなります。

 

したがって、約18日間ある土用の期間のうち、

丑の日が2回訪れる場合も存在します。

 

例えば2015年の夏の土用の

7月20日から8月7日のうち、

丑の日は7月24日と8月5日の2回あり、

前者を一の丑、後者をニの丑と呼びます。

「土用」と「丑の日」が組み合わさると?





sponserd link


「土用の丑の日」と言う場合、

多くは夏の土用にある丑の日を指しています。

 

前述の通り、2015年の夏の土用は

7月20日から8月7日で、

このうち丑の日は7月24日と8月5日です。

 

土用の丑の日が

夏の土用のみを指すことが一般的である理由は、

土用の丑の日に鰻を食べる習慣の起源にあります。

 

この起源には諸説ありますが、最も有力なものは、

発明家として知られる平賀源内の考案であるとするものです。

 

ある年の夏、鰻屋の主人が

平賀源内に鰻の売上が伸び悩んでいると相談しました。

 

相談を受けた平賀源内は、

店の前に「土用の丑の日」と貼り出すことを提案しました。

 

当時、土用の丑の日に「う」の付くものを食べることで

夏バテを防ぐことができると信じられていた点を

利用しての提案でした。

 

すると、その貼り紙を見た人々が鰻屋に大挙したため、

以降、土用の丑の日に鰻を食べる習慣が定着しました。

 

この出来事が夏のことであったため、

土用の丑の日は夏を指すことが一般的となりました。

土用の丑の日にすること

前述の通り、土用の丑の日には

「う」の付くものを食べると体調を崩すことなく

夏を乗り越えることができると言われています。

 

この食べ物には鰻の他に、

食欲がなくとも食べやすいうどん、

夏バテ防止に有効なクエン酸を多く含む梅干、

栄養価が高く体を冷やす効果のある瓜類などが挙げられます。

 

また、土用の間には衣類や書物の虫干し、

梅の天日干し、田んぼの水抜きを行う習慣があります。

 

虫干しは衣類や書類をカビや虫害から守るため、

風を通すように干すことを指しています。

 

また、田んぼの水抜きをすることで

土をひび割れ状態にして雑菌の繁殖を抑え、

次に植える苗が根をしっかり張るように備えることができます。

土用の丑の日にしてはいけないこと

反対に、土用の間にしてはいけないこともあります。

 

土用の期間は土を司る土公神による

支配下にあるとされていたため、

土を動かすことが禁じられていました。

 

これには、最も暑さの厳しい期間に

農作業を行って体調を崩すことのないように、

という戒めの意味もあると考えられています。

 

この考え方は現在にも残っており、

建物の建築時の土を掘り起こす作業を伴う

基礎工事の期間を

土用の期間と重ならないように調整する場合もあります。

 

ただし、土用の期間中でも

土公神が天上に戻って不在となるため、

土を動かすことのできる日が設けられています。

 

これは土用の間日と呼ばれ、

この日であれば土を動かす作業を行うことができます。

 

2015年は卯・辰・申が夏の土用の間日となっており、

7月26日、27日、31日、8月7日がこれに当たります。

あとがき

土用の丑の日を、「土曜の牛の日」なんて勘違いしていた昔のボク…。

ですが、きちんとした昔ながらの言われがあったんですね。

今年はしっかりと意識して、ウナギやうどんを食べようと思ったこたでしたw