カーネーションをプレゼントする

事は恒例行事で有名ですよね。

 

日頃の感謝を込めて母にプレゼントする大事なもの。

今回は、2016年の母の日に最適な

人気のプレゼント「プリザーブドフラワー」について、

その意味などを踏まえながらまとめてみました。

PAK88_ohanatoshirobak500

2016年の母の日はいつ?

d5fde1942ea4409a4445e7187eb30d93_s

2016年の母の日は、5月8日(日)です。

母の日がカーネーションになった理由とは?

母の日にカーネーションを贈るという習わしですが、

それにはちゃんとした意味があったんです。

それは、110年ほど前のアメリカにさかのぼります。

 

アメリカのウエストバージニア州グラフトンという地で、

1908年5月10日にこの町に住む一人の女性が行った、

彼女の母の追悼会が「母の日」の起源です。

 

その女性の名は、アンナ・シャービス。

 

彼女の母親は、アン・リーブス・シャービスといって、

乳児への社会活動や南北戦争での看護・平和活動などで

功績を残していた活動家でした。

 

1905年に死去した母アンに向けて

アンナは追悼会を行い、

参加してくれた方に白いカーネーションを一輪づつ贈りました。

c831e913deaa1ff2f011fcf85104e288_s

さらにアンナは、

母の日の正式な祝日に向けたキャンペーンを展開。

 

それに共感した多くの人々に後押しされ、

ウエストバージニア州において母の日が認定されました。

 

アンナの描いていた母の日は、

あくまで「平和活動で活躍する母」に向けたものでした。

 

ところが、一般的には

「全ての母」に向けたものとして認知されるようになり、

アンナの思いとはかけ離れた結果で普及していきました。

 

これを快く思わなかったアンナは、

発起人にも関わらず「反・母の日」運動を展開。

自分の真の想いを届けようと努力します。

 

しかし、この想いは実を結ばず。

アンナは1948年に亡くなってしまいます。

その結果、5月10日にはすべての母親に、

花やキャンディ、グリーティングカードなどを買って

感謝と共に贈る事が大衆文化となり、

現在の母の日に至ります。

 

日本ではどのように普及したのかというと、

1915年に教会で行われた事を発端として、

全国に少しづつ浸透していきました。

 

その火付け役となったのが森永製菓で、

1937年に母の日の普及活動を展開した事によって、

全国に広まっていったと言われています。

母の日に一番適したプレゼントとは?

 母の日にはカーネーションをプレゼントします。

 

ですが、カーネーションなどの生花は、

生きている植物であるがゆえ、

育てたりしてあげないといずれ寿命がきて枯れてしまいます。

長くても一年も持ちません。

 

もし、プレゼントをずっと形にして

残したいというのであれば、

長期保存(10年以上も可能)できる

プリザーブドフラワーがおすすめです。

sponsored link

母の日おすすめのプリザーブドフラワー

994d285e6af94ecc67e233182fe899a4_s

プリザーブドフラワーはフランスで生まれた、

見た目はほとんど普通の花と変わらない

花をベースにしたものです。

一番の特徴としては

「長期保存」が出来るという点にあります。

 

プリザーブドフラワーの原料は花そのものであり、

見た目は生の花とほとんど変わりません。

 

プリザーブドフラワーは、

植物が一番美しく咲いている時に刈り取り

すぐに水分を抜き取ります。

 

その後、専用の薬剤にひたして吸収させ、

数日間開花の力で薬剤を吸わせます。

 

それにより造花や着色では出す事の出来ない、

花ならではの自然な色合いが生まれ、

一輪一輪が違う個性のある多彩なカラーになります。

 

また、触感もやわらかでみずみずしく、

それは生花と間違えるほどにリアルなものです。

 

このようにプリザーブドフラワーは、

「生花に限りなく近い状態で長期間キープできる」

という点が一番のメリットです。

 

きちんと手入れすると、

10年以上のキープすることもできるという、

とても画期的なアイテムです。

母の日に人気のプリザーブドフラワーは?

sponsored link

楽天市場で人気のブリザードフラワーのランキングです。

口コミなどもあるので、参考にしてみてください。

  1. フラワーマーケット花由

  2. プリザーブド&フラワーブロッサム

  3. FlowerKitchenJIYUGAOKA

  4. 878 HANAYA

  5. プリザーブドフラワーIPFA

あとがき

母の日に花を贈ることは一般的ですが、

中でもプリザーブドフラワーのように長く使える花は、

その時の感動をずっと取っておけて良いですよね。

インテリアにもなって、良いと思います。

 

僕も今年はプリザーブドフラワーを贈ろうと思いますが、

同時に旅行などに連れて行こうと計画中です。

みなさんにとっても、

たくさん親孝行できる母の日でありますように☆

sponsored link