今やすっかり庶民に定着した季節の食べ物、恵方巻き。

1月も中ほどになると、

コンビニやスーパーなどで恵方巻きを目にする機会が多くなります。

 

そんな恵方巻きを食べる日にちって、みなさんご存知でした?

 

今回は2016年の恵方巻きを食べる日にちについてまとめてみました。

2016年の恵方巻きを食べる日にちはいつ?

恵方巻を食べる日は、ずばり節分の日である2月3日です。

この節分の日は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)のうちの

「立春」の前日の日です。

 

この年4回ある節目の日には、邪気(鬼)が生じるといわれています。
163b59104ffc28a97d44de878be11124_s
ですので、年の初めの節目の日である2月3日に豆まきをし、

鬼に豆をぶつけて邪気を追い払うという日なんです。

恵方巻も、一年の最初の節目である節分にちなんで行われています。

節分は2月3日とは限らない!?

今では節分は2月3日という日で定着していますが、

なんと節分が2月3日と決まっているのは2024年までなんです。

なぜなら、節分は立春の前の日なのでうるう年でずれる場合があるためで、

2025年からはうるう年の次の年に限って2月2日になります。

 

そのほかにも、うるう年などで若干日付が変更してくるんだとか。

今の私たちの世代では体験できないかもしれませんが、不思議なものですねー。

sponsored link

恵方巻きを食べるのに最適の時間や場所は?

恵方巻を食べる最適な時間は、夜の方です。

なぜなら、節分の豆まきも夜に行うのですが、

邪気(鬼)は夜にやってくると言われているからです。

 

なので、邪気が活発な時間に、

恵方巻で福を呼び込むことで一層効果が強まります。

豆まきとどちらを先にするかは、

豆まきを行って清めた後のお部屋で、恵方巻を食べましょう。

●関連記事→恵方巻の食べ方は合ってる!?正しい方法を徹底解説

2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_s
また、どの部屋で食べるのかは、

家の恵方にある部屋(2016年は南南西やや右)が好ましいのですが、

一番は自分が一番生活する部屋(寝室など)です。

 

その部屋の恵方側に立ち、恵方巻にかぶりつきます。

まとめると、恵方巻を食べる最適な時間は、

「夜に一番使う部屋の南南西の場所」です。

●関連記事→恵方巻きの方角は間違っていた!?2016年の正しい方角とは

sponsored link

恵方巻きを食べ逃したらいつ食べる?

もし、2月3日に恵方巻きを食べ逃したとしても問題ありません。

なぜなら、恵方はその年で常に存在しているからです。

 

恵方とは、歳徳神(としとくじん、とんどさん)がその年にいる方角の事で、

2016年は南南東と決まっています。

 

この恵方は、一年中縁起がいい方角とされ、

恵方であれば全て吉とまで言われるほどに

強いパワーを持っています。

 

ですので、本当は陰と陽がなくなる

2月3日節分の日に食べるのが適切なのですが、

もしそれを逃してしまってもそこまで気にする事はありません。

 

風水などでもあるようですが、

もし部屋などに置くモノの配置に困ったりなどしたら、

恵方を参考にしてみるのが有効です。

●関連記事→恵方巻きの由来を子ども向けにわかりやすく解説!無音の意味とは?

sponsored link