こんにちは!こたです☆

kota日本ではもはや恒例行事のお盆。

長期休暇に入り、実家に帰省する人もいる中、

一番の目的はやはりご先祖様と過ごせる時間です。

その中でもお供え物には、どんなものが正しいのか気になるところ。

そこで今回は、お盆についてまとめてみました。

cc370b9ad943c887791bcd183f5e926e_s

お盆がある理由とは?

現在の日本におけるお盆は、

7月または8月の13日から4日間で行われる、

先祖の霊の帰宅を迎え入れるための行事です。

 

1日目の13日は「盆の入り」と呼ばれ、

迎え火で死者を家に迎えます。

 

2日目、3日目の14~15日は

帰ってきた先祖の霊をもてなす期間で、

初盆であれば僧侶を呼んで法要を行います。

この期間中にはお供えを毎日取り替えます。

 

4日目の16日は、

送り火を焚いてあの世へ戻っていく霊を、

1年後の再会に思いを馳せながら見送ります。

お盆の正しいお供えものは?


sponserd link

お盆のお供えについては、

「五供」という決まりごとがあります。

これはほとんどの宗派に共通するものです。

 

五供には、

  • 香(こう)
  • 灯燭
  • 浄水
  • 飲食(おんじき)

があります。

 

香は悟りの世界に至るための

修行道を指しており、

先祖にその香りを感じてもらうために供えます。

 

通常、法事の際には抹香を使いますが、

普段は長持ちする線香を使います。

 

また、線香の火を消す場合は

口で息を吹きかけるのではなく、

手または火消し用のうちわを用います。

 

花には生前に好んでいたものを選ぶなど、

故人が喜ぶと思われるような花をお供えします。

 

灯燭とはともしびのことで

線香をつける役割を有するとともに、

ゆっくりと燃え、最後には燃え尽きるさまが、

人生の無常を表しているとも言われています。

 

なお、火を消す際に

息を吹きかけることは

絶対にしてはいけないこととされています。

人間の吐く息は不浄とされているためです。

 

浄水は文字通り清浄な水を指しており、

お参りする人の心を洗うと言われています。

 

そのため、毎日取り替えて

新鮮な水をお供えする必要があります。

 

なお、浄土真宗では、

水を供えることはしないため、注意が必要です。

 

飲食には家族と同じものを

食事前にお供えする「仏前」と、

故人の命日や法事の際に

特別にお供えする「霊供膳(りょうぐぜん)」があります。

 

霊供膳は、精進料理のため一汁三菜で、

魚や肉などの生臭いものは

避けるよう注意が必要です。

 

五供のうち

最も優先してお供えされるべきものは香で、

次に灯燭、花と続きます。

正しいお供えの知識「食べ物」


sponserd link

お盆の時期にお供えする食べ物には

肉や魚を避けて用意します。

 

この期間中は

殺生をしてはならないと考えられているためです。

 

なお、地域によっては

木の枝を切ること、草を抜くことも忌避される場合もあるため、

その地域の風習を確認しておくことが重要です。

 

また、箱入りのものは箱から出し、

箸を用いて食べるものには箸も添えるといったように、

何をお供えしたのかすぐに分かり、

食べやすい状態でお供えすることで

先祖への心遣いを表すことができます。

正しいお供えの知識「お金」

お盆の時期にお供えするお金は

初盆には1万円、それ以降は2千円~3千円

が相場と言われています。

 

お金を入れる袋は黒白または黄色の水引で、

表書きには「御仏前」「御佛前」「御供物料」

と書いて仏壇にお供えします。

正しいお供えの知識「花」

お供えする花には

いくつか禁止されているものがあります。

それは「とげのあるもの」「臭いが強いもの」「毒のあるもの」です。

 

これを避けた上で

故人の好きな種類のお花を選びます。

 

なお、故人の花の好みが不明の場合には

一般的にお供えに多く用いられている

菊やカーネーションがお勧めです。

 

花を供えた場合には

水を毎日取り替えて枯らさないよう注意が必要です。

お供えで注意しなければいけないこと

食べ物や花を供えた場合、

お盆の期間の季節柄、食べ物は傷みやすく、

花は枯れやすくなってしまいます。

 

自宅に仏壇がある場合は

毎日取り替えることができますが、

遠方にあるお墓にお供えをする場合には

食べ物はすぐに持ち帰ります。

 

なお、お供えの食べ物を食べることが

供養になると言われています。

 

花についてもすぐに持ち帰るか、

枯れることのない造花を用いるという方法もあります。

あとがき

先祖と一緒に過ごす期間とされているお盆ですが、

飲み会などのイベントも重なるシーズンです。

でもやっぱり、本来のご先祖様との時間を、

実家でゆっくり過ごすことが大事だなと感じたこたでした♪

今年はお供え物に気を付けて、ご先祖を迎え入れようと思います。