メグ

こんにちはメグです♪

これからお日様がぐんぐん私たちを照らす季節、

「夏」がやってきますね。

 

そこで気になるのが紫外線。

日焼けなどをしてしないように、

特に女性はお肌にとーっても気を使うものです。

 

そこで今回は、日焼けを防ぐ「日焼け止め」について、

実は正しい使い方って意外と知られていないようで。

 

今回は専門家の意見を踏まえ、

日焼け止めの効果を100%出す正しい使い方

を聞きましたので、まとめていきたいと思います。

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

正しい日焼け止めの選び方

日焼け止めは

肌を紫外線から守ってくれる盾のような存在です。

 

しかしそれは同時に、

肌の呼吸を妨げることも示しています。

 

日焼け止めにはSPF、PAといった数値がありますが、

この数値の意味を知り、

適切な日焼け止めを選ぶことが最も重要です。

 

SPFは、紫外線を浴びた後に赤い斑点ができるまでの時間を

どれぐらい伸ばすことができるかを、

PA肌が黒くなることを防止する度合いを示しています。

そのため、毎日の通勤やちょっとした買い物など、

紫外線に当たる時間が1時間に満たない場合

SPF15~20程度、PA+の日焼け止めを選びます。

 

・「SPF50、PA++++」の例。絶対焼きたくない場合におすすめです。

一方、アウトドアや屋外でのスポーツなど、

紫外線に当たる時間が長時間にわたる場合

SPF30~50、PA+++の日焼け止めを選びます。

 

このように、

場面に応じて適切な日焼け止めを選ぶことで、

できる限り肌への負担を減らすことができます。

 

なお、日焼け止めがその効果を発揮しだすまで

塗ってから15分ほどかかるため、

外出する15分前までには塗っておきます。

日焼け止めの使い方「顔編」

日焼け止めを「顔」に塗る時に

最も重要なのは「保湿」です。

 

あらかじめしっかりと保湿をしておくことで

日焼け止めが肌になじみやすくなります。

 

なお、日焼け止めの中には

肌を乾燥させる成分が含まれている場合があり、

さらに肌が乾燥していると

日焼けをしやすくなるとも言われています。

sponsored link

したがって、

日焼け止めの効果を最大限に引き出すためには

保湿が欠かせない工程となります。

 

保湿をした後は5分ほど置いて水分を肌になじませます。

次に、規定の半分の量の日焼け止めを手のひらに取り、

顔全体に薄く広げます。

 

残りの日焼け止めは頬、額、鼻、あごの順に重点的に塗ります。

 

これは顔の中でも日焼けをしやすい部位の順番です。

最後に手のひらで包み、

日焼け止めをしっかりと肌になじませます。

 

女性にとっては

この後のメイクがなじみやすくなる効果もあります。

日焼け止めの使い方「体編」

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s

体は顔よりもはるかに表面積が大きいため、

気づかぬうちに日焼け止めの

塗りムラができてしまう場合が多くなります。

 

特にムラができやすい箇所は

耳、首の後ろ、手足の甲です。

 

体に日焼け止めを塗る場合は

体に直接日焼け止めを付け、

指全体を使って広げていきます。

 

塗りムラができることを防ぐため、

線状に日焼け止めを付け、

円を描くように塗り広げます。

sponsored link

一箇所に日焼け止めを付けた場合、

塗り広げていく間にその箇所から遠い部分ほど

日焼け止めが薄くなってしまいムラができてしまいますが、

こうすることで日焼け止めを均一に塗ることができます。

 

なお、顔に日焼け止めを塗る場合と同様、

あらかじめボディクリームなどで

しっかりと保湿をしておきます。

日焼け止めの使い方「塗り直し編」

どんなに完璧に日焼け止めを塗ったとしても、

汗や皮脂で落ちてしまいます。

 

そのため、

2~3時間に1度は塗り直しが必要です。

 

塗り直しを怠ってしまうと、

どんなにSPFやPAの数値の高い日焼け止めを用いたとしても意味がなく、

日焼けをしてしまうことになります。

 

顔の日焼け止めを塗り直す場合、

まずは化粧水で汗や皮脂、

落ちかけた日焼け止めやメイクを拭き取ります。

 

その後は新たに日焼け止めを塗った時と同様に、

保湿をしてから日焼け止めを塗ってなじませた後、

化粧下地、ファンデーションを塗ります。

 

体の日焼け止めを塗り直す場合、

まずはかいた汗をきちんとふき取ってから

日焼け止めを塗り直します。

 

汗をかいたままでは日焼け止めを塗り直してもなじまず、

すぐに落ちてしまうためです。

正しい日焼け止めの落とし方

153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_s

しっかりと塗った日焼け止めは

入浴時の洗い方が充分でないと肌に残り、

毛穴に詰まって肌荒れを引き起こす原因となります。

 

また、毛穴が詰まると保湿の効果も薄れてしまい、

悪循環となってしまいます。

 

SPFやPAの数値の高くない日焼け止めであれば

洗顔料やボディソープで落ちますが、

数値の高いもの、ウォータープルーフのものは

落ちきらずに肌に残ります。

 

そのため、後者の日焼け止めを落とす場合には

クレンジングオイルをよくなじませた後、

しっかりと洗い流します。

 

後は洗顔料やボディソープを用いて

強くこすりすぎないよう洗い、

最後のすすぎは洗い残しがないようにきちんと行います。

 

最後に、翌日も日焼け止めの効果を

最大限に引き出せるように保湿ケアを行います。

あとがき

肌を紫外線から守るために最も重要な日焼け止め。

絶対焼きたくない場合は、

SPF、PAともに数値の高いものがいいのですが、

その分クレンジングが大変というデメリットがあるのですね…。

 

やはり用途で日焼け止めを使い分けていくことが、

肌にとって大事なんだなーと感じたメグでした!

 

私が使っているおススメの日焼け止めはこちらです。

・外出だけの時にはサラッとしたものを。

・海やレジャーなどでは強いものを使っています。
クレンジングはぬるま湯&オイルで、ゆっくり&しっかりと。


今年はアクティブに行こうと思うので、

日焼け対策をバッチリしていこうと思います♪

 

日焼け対策は大丈夫?関連記事をcheckして万全に! 

sponsored link