メグ

鼻水・鼻づまりといった症状に一年を通して悩まされている人も少なくありません。
鼻炎薬が手放せないという人も居るのではないでしょうか。

そんな時は、鼻うがいをすると不快な症状が和らぐかもしれません。

鼻うがいは自宅でも簡単に行うことができるので、ぜひ試してみてください。
ここでは鼻うがいに使う生理食塩水の作り方と併せて、鼻うがいについてお話します。

鼻うがいに効果のある生理食塩水の作り方

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

本当の鼻うがいとは?

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

外から帰ったらうがいをするという人は多いでしょう。

しかし、鼻うがいをする人はあまり多くないのではないでしょうか。

 

鼻うがいは、文字通り鼻のうがいです。

海外では割とメジャーで、

片方の鼻に水を入れ、もう一方から出すという方法が取られています。

 

もちろん鼻はすっきりしますが、

鼻に水を入れる以上、人によっては抵抗もあるでしょう。

 

鼻うがいをすると、

鼻の粘膜に付着した花粉やウイルスといった、異物を洗い流すことができます。

副鼻腔炎(蓄膿症)は、花粉やウイルスによって起こるアレルギー症状なので、

原因となる物質を洗い流すことは予防にとても効果的です。

また、鼻水をきれいに洗い流すことで気分がサッパリします。

 

副鼻腔炎になると、鼻の中に粘度の高い鼻水が溜まってしまいます。

これを放っておくと、症状が悪化してしまうことがあるのです。

鼻うがいをすれば、粘度の高い鼻水もきれいに取り除くことができるので、

症状が悪化するのを防ぐことができます。

sponsored link

鼻うがいに必須!生理食塩水の作り方

c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

鼻うがいをする時は、水道水を使ってはいけません。

必ず専用の洗浄液や生理食塩水を使用するようにしましょう。

 

生理食塩水は、自宅でも簡単に作ることができます。

作り方ですが、精製水に食塩を溶かせば完成です。

この時、食塩水の濃度が0.9%になるようにしてください。

 

200mlの精製水に対し、2gの食塩を入れると理想的な濃度になります。

鼻うがいに使う際は約37℃程度まで温めて使用すると良いでしょう。

 

真水の場合、鼻に入れると浸透圧の関係で痛みを感じてしまいます。

しかし生理食塩水であればそのような刺激もほとんどないので、

安心して鼻うがいを行うことができます。

 

洗面器に生理食塩水を準備したら、

前かがみになって片方の鼻の穴を抑え、

もう片方の鼻の穴から生理食塩水を吸い込みます。

そして吸った穴から生理食塩水を出してください。

これを左右それぞれ3回~5回繰り返せば完了です。

 

鼻うがいは1日1回までに留め、

鼻うがいをした後は鼻の中の水分をよく取り除きましょう。

 

鼻うがいが終わった後に勢いよく鼻をかむと、

鼻の中の水分が耳の方に行ってしまうことがあります。

耳に炎症を起こす原因になることがありますので、鼻をかむときは優しく静かにかむようにしてください。

sponsored link

道具を使ってラクラク鼻うがい

ac245c354ebfe92331c22fb682adee27_s

鼻うがいをするにあたっては、鼻うがい専用の道具も売られています。

洗面器を使ってやるよりも手軽に鼻うがいができるので、

気になる人はドラッグストアなどをチェックしてみましょう。

この記事のポイントまとめ

こた

鼻うがいは、ただの水ではなく食塩水を使う事で痛みを無くすことができます。さらに道具を使う事で、より痛みをなくして鼻をキレイにすることができます。下のはじめしゃちょーもハナノアを試しているので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • 鼻うがいで副鼻腔炎予防
  • 鼻うがいは生理食塩水で
  • 鼻うがいスッキリ!

sponsored link