こた

鼻うがいをすると、鼻水・鼻づまりが解消してサッパリします。
しかし、なかなか鼻うがいをする勇気が出ないという人も少なくないでしょう。

鼻に水が入れば、当然ですが痛みを感じます。
プールなどで経験した人も多いのではないでしょうか。
それを想像して鼻うがいを敬遠しているのであれば、少々もったいないと言わざるを得ません。

鼻うがいは、正しいやり方で行えば、ほとんど痛みは無く逆に鼻の通りが良くなってスッキリします。

ここでは、痛くない鼻うがいのやりかたと、便利な道具をご紹介します。

e76eba2ad8eff90b2ea9246a32c24a1c_s

鼻うがいにはどんな効果がある?

0d74a04714e552705dfcd1bd3336d162_s

鼻水や鼻づまりといった鼻炎の症状は、

鼻の粘膜に付着した花粉やウイルスといった異物が原因で起こります。

花粉やウイルスが原因でアレルギー反応が起こり、

鼻水や鼻づまりといった不快な症状が出るのです。

 

そんな時に鼻うがいをすると、

この異物を洗い流すことができるため、非常にスッキリします。

 

また、鼻うがいをすることは副鼻腔炎(蓄膿症)の予防にも効果的です。

副鼻腔炎(蓄膿症)も、アレルギー反応が原因で起こる症状なので、

アレルギーの原因を取り除くことで予防・改善が期待できます。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)になると、鼻の中に粘度の高い鼻水が出てきます。

これを放置しておくと症状が悪化してしまうので、

鼻うがいできれいに洗い流すと悪化を予防することもできるのです。

 

鼻うがいは、病気予防の点からも非常に効果的なので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみましょう。

sponsored link

鼻うがいのやり方と手順

785c6c250a8f60c8281ab0f5637b4b27_s

鼻うがいをする時は、

  • 専用の洗浄液
  • 生理食塩水

を使うようにしましょう。

 

生理食塩水は37度程度の人肌に温めておくのが理想的です。

  1. 洗面器に生理食塩水または洗浄液を入れます。
  2. 前かがみになり、片方の鼻の穴を抑え、もう一方から生理食塩水・洗浄液を吸い込みます。
  3. 吸い込んだ生理食塩水・洗浄液を出します。

これを左右それぞれ3回~5回ほど繰り返してください。

 

鼻うがいが終わったら、鼻の中の水分を取り除くのが重要です。

この時勢いよく鼻をかむと耳の方に水分が行ってしまい、

炎症を起こす原因になることがあります。

鼻をかむときは、優しく静かにかむようにしてください。

sponsored link

鼻うがいのための専用器具はある?

5ee18c7a9a8406ee4a60472b5d6bdcd2_s

ドラッグストアなどには、鼻うがい専用の道具も売られています。

ハンディタイプの鼻洗浄機から、少し大きなタイプまで様々です。

使い方は、それぞれの道具の説明書をよく読むようにしましょう。

 

専用の道具を使うことで、洗面器を使うよりもラクに鼻うがいができます。

色々な道具を比較してみて、自分に合った道具を見つけてください。

この記事のポイントまとめ

メグ

鼻にわざと水を入れるって、海水浴などで痛みを感じたことがある人には少し抵抗のある話でしょう。ですが実際は、やってみるととても気持ちのよいものです。食塩が痛みをやわらげるなんて画期的、ぜひトライしてみる価値ありですね。

  • 鼻うがいで鼻炎予防
  • 鼻うがいでスッキリ
  • 鼻うがい専用の道具を使おう

sponsored link