メグ

目の疲れはとても辛いものです。
パソコンやスマートフォンの普及によって、モニタを長時間見続けることが多くなり、
私たちの目は常にストレスに晒されています。

  • 目の奥が痛い
  • ショボショボする
  • 視界がぼやける
  • 目の周りの筋肉がけいれんする

といった症状はありませんか?
一つでも当てはまる場合は目が疲れている証拠です。
ここでは目の疲れに効果的なツボをご紹介します。

疲れた時は押してみて! 目の疲れに効果的なツボ

5a0dccf45d5a3f840de54a8ec5cea2c3_s

目の疲れの主な症状とは?

ee9e9a6d2e911cf4bc1d3f205ae4a9d7_s

目の疲れは、目を酷使したり、目の表面が乾燥したりすることで起きる不快な症状です。

  • 目の奥が痛い
  • 目がショボショボする
  • 視界がぼやける
  • 目の周りの筋肉がけいれんする
  • 光をまぶしく感じる
  • 肩がこる
  • 頭痛がする

といった症状が出てきます。

 

目の疲れといっても、症状が現れるのは目だけではありません。

肩こりや頭痛、吐き気といった症状が現れることもあるので、覚えておきましょう。

 

長時間近い距離のものを見続けると、目のピントを合わせるための筋肉が疲れてしまいます。

すると、上手にピントが合わせられず、視界がぼやけたりしてしまうのです。

 

この時、私たちの脳はどうにかしてピントを合わせようと目に命令を出します。

この命令に応えようと目が無理をすると、疲れ目になってしまうのです。

 

また、長時間同じものを見続けると、まばたきが少なくなります。

結果、目の表面を覆う涙が蒸発して乾燥してしまい、目の表面がでこぼこになります。

するとさらにピントが合わせにくくなり、さらに目が疲れてしまうのです。

sponsored link

目の疲れに効果的な4つのツボ

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

目の疲れを解消するには

  • アイマスクで温めて血行を良くする
  • 軽く冷やす
  • 目のストレッチをする
  • 目薬を使用する

といった方法がありますが、ツボを刺激するのも効果的です。

 

目の疲れを解消する代表的なツボは次の通りです。

天柱(てんちゅう)

髪の生えぎわにあります。

2本の太い筋の間のくぼみで、押すと痛みがある場所です。

sponsored link

合谷(ごうこく)

両手の親指と人差し指の間にあるくぼみです。

晴明(せいめい)

左右の眼頭から、少し鼻のほうに移動したくぼみにあります。頭痛にも効果があるツボです。

太陽(たいよう)

こめかみから目じりにかけての骨の近くにあります。

目じりと眉じりの中間点から、指2本分ぐらい外側にあるくぼみが目印です。

 

ツボを刺激する際は、

「痛いけれど気持ちいい」

ぐらいの強さで刺激することが重要です。

 

数秒押したら力を抜いて、また数秒ゆっくりと押すようにしましょう。

強すぎる刺激はかえって逆効果です。

 

目の周りはデリケートなので、

手を清潔にして、眼球を圧迫しないように注意して行ってください。

この記事のポイントまとめ

こた

目の疲れを感じやすい環境である現代社会ですが、自分ですぐにツボを押して改善できるのは知っておくべき情報だと思います。目の疲れをためずに、適度なツボ押しと休憩を取り入れて、日々の生活を送っていきたいですね。

  • 近くのものを長時間見続けるのは危険
  • ツボ押しはゆっくり優しく
  • 疲れ目に効くツボを刺激して、毎日スッキリ!

sponsored link