メグ

目の下がたるんでいると、それだけで老けて見られることも珍しくありません。
たるんでしまうのは老化現象として仕方がないことと思っていませんか?

目の下がたるむのには、いくつかの原因があります。
時には病気が隠れていることもあるので、たるみの原因についてきちんと知っておきましょう。

目の下のたるみは病気のサイン? 気になるたるみの原因は

d42b87363b4165acd0534fcedb12a862_s

目の下のたるみの原因とは?

d2a0e3865d3a4a663689a40c2a696b81_s

目の下がたるむ原因は様々です。

年齢を重ねるとともに出てくる目の下のたるみは、

多くの場合肌のハリが失われることで目立ってきます。

 

目の下についている脂肪がふくらんでしまうことによって、たるみが出る場合もあります。

年齢と共に目の周りの筋肉が衰えることで脂肪が付きやすくなり、

皮膚が下がってたるみになるのです。

 

もちろん、肌が衰えてくると、

コラーゲンやヒアルロン酸といった肌のハリを保つ成分も失われてしまいます。

その結果、ハリの無くなった肌が下がってきてたるみになる場合もあります。

 

しかし、たるみの原因はこれだけではないのです。

sponsored link

怖すぎる!心臓病のサイン?

ba319f2ba2f4bcacd758a43c591d5476_s

最近の研究で、心臓病を患っている人は、

目の周りがたるんでいる人が多いことが分かっています。

目の周りに脂肪がついている人は、

そうでない人に比べて心筋梗塞などの病気に罹りやすいのです。

 

もし短期間で顔つきが変わってきたとか、

動悸や息切れがしやすくなった、

特に食べ過ぎているわけでもないのに体重が増えてきた、

逆に著しく体重が減ってきたというような場合は、

一度病院で検査を受けましょう。

 

知らず知らずのうちに進行していて、

ある日突然大きな症状に見舞われることも多いのが心臓病の怖さです。

普段から自分の体の変化を見逃さないようにしましょう。

sponsored link

バセドウ病のサイン?

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

バセドウ病は、

首のところにある甲状腺で作られるホルモンが過剰に分泌されてしまう病気です。

 

バセドウ病になると、

疲れやすくなったり、体重が減少してきたり、眼球が突出してきたりします。

最近では有名人がバセドウ病を発症して休養したりしているので、

聞いたことがある人も少なくないでしょう。それほどのに実は身近な病気なのです。

 

バセドウ病になると、目の周りの筋肉が腫れてしまいます。

その際、目の周りにある脂肪も一緒に腫れてしまうのです。

結果として、目の周りにたるみができたように見えてしまうことがあります。

この場合、バセドウ病の治療を優先しましょう。

 

バセドウ病の症状が落ち着いてくれば、

次第にたるみも解消されてくることがほとんどです。

もしバセドウ病の症状が落ち着いてもたるみが消えないような場合は、

一度医師に相談してみてください。

たるみが気になったときは?

1bc73123784369a43257508f613dcfd6_s

目の下のたるみが気になったときは、まずは医師に相談しましょう。

セルフケアをすることも良いですが、

背後に大きな病気が隠れている場合があります。

背後に病気が見つかったらまずはそちらの治療を優先してください。

この記事のポイントまとめ

こた

目の下のたるみは、見た目的にも健康的にも良いものではありません。さらに大きな病気が隠れている場合もありますので、まずは自分でのケア、それでもおかしい時にはかかりつけの医師に相談しましょう。

  • 目の下のたるみのほとんどは加齢が原因
  • 背後に大きな病気が隠れていることも
  • 自分の顔の変化に敏感になろう/li>

sponsored link