こた

「連日の寝不足がたたって、目の下に立派なクマが……一刻も早く治したい!」
という経験がある人は珍しくないはずです。

特に女性であれば、おでかけの前に手軽にクマを治せたら便利ですよね。

クマは、うっすらとあるだけでも表情を疲れたものにしてしまいます。

ここではクマのタイプ別に簡単にできる治し方をご紹介します。

どうにかしたい目の下の「クマ」! 誰でもできる簡単な治し方

8f9a8e45aea7710a592947ffd81e3a0c_s

クマの3種類

2091709d8096047705cce8401a7a6000_s

目の下にできるクマといっても、色によって3種類あるのはご存知ですか?

それは、

  • 血行不良が原因の青クマ
  • 色素沈着が原因の茶クマ
  • たるみが原因の黒クマ

です。

 

クマを治すためには、

これらのタイプをしっかり見極めることが重要なのは言うまでもありません。

それでは、これらのクマの治し方を個別に見ていく事にしましょう。

sponsored link

青クマの治し方

b66af90ea565935845d6c814afaedd66_s

青クマの治し方は、目の周りの血流を良くすることがポイントになります。

目の周りの筋肉が衰えたりして血流が悪くなると、

薄い皮膚から毛細血管の色が透けて青クマになってしまうのです。

 

青クマを消したいときは、ホットタオルや温かいアイマスクで目の周りを温めてあげると良いでしょう。

パソコンやスマホの見すぎで筋肉が凝り固まっている時もこの方法は有効です。

 

あとは、目をギュッとつむってカッと見開くストレッチを行ったり、

優しくマッサージをするなどして血流を良くしてあげると徐々に薄くなっていきます。

 

もしこれらの方法を試してみてもくっきりとした青クマが残っている場合は、

内臓の機能の低下や貧血などが考えられますので、一度病院に相談しましょう。

sponsored link

茶クマの治し方

38eeae2ae9507cf54301fb914bb03663_s

茶クマは、目元のこすりすぎなどで色素が皮膚に沈着することで出てきます。

紫外線からのダメージも色素沈着の原因です。

 

また、アトピー性皮膚炎や乾燥による痒み、化粧品によるかぶれなども、

色素沈着の原因になるので注意しましょう。

 

特にまぶたに茶クマができている場合は、

アイシャドウやマスカラといったメイクの汚れが原因のこともあります。

しっかり化粧を落とすことで防ぐことができるので、実践してみましょう。

 

この時も、ゴシゴシこすらず優しく落とすのがポイントです。

ゴシゴシこすると、かえってクマが濃くなってしまう場合があります。

洗顔したあとは、美白効果のある化粧品でケアをしてください。

 

もしこれらの方法を試してみてもクマが濃いままであれば、

皮膚の深い部分に色素が沈着している可能性が考えられます。

 

この場合は病院でのレーザー治療が有効なので、

気になる人は一度形成外科や美容外科・美容皮膚科などで相談してみると良いでしょう。

黒クマの治し方

6ce09a8f56fb6705290fc88a87ed6f51_s

黒クマの場合は、上記2つのクマとは別のアプローチが必要になってきます。

というのも、黒クマは加齢が原因の皮膚のたるみなどで現れるためです。

 

黒クマの出現を防ぐには、毎日の「目の筋トレ」が有効です。

目の周りの眼輪筋を鍛えてたるみを予防することで、

黒クマが出現するのを防ぐことができます。

 

また紫外線対策も有効です。

紫外線に当たると、肌の水分が失われ、ハリや潤いが低下してたるみやすくなります。

サングラスや帽子を上手に活用して、目元に紫外線が当たらないように工夫しましょう。

 

黒クマの場合、ヒアルロン酸の注入や、

目の周りの脂肪の除去といった美容整形が効果的なこともあります。

この記事のポイントまとめ

メグ

単にクマと言っても、こんなに種類が多いことには驚きました。いずれのクマも見た目や健康面でよくはないですので、発生防止に気を付けたいですね。

  • 青クマは血行促進で撃退!
  • メイクをしっかりオフして茶クマを予防!
  • 黒クマは紫外線対策で防ごう!

sponsored link