メグ

ふっくらしていて艶もあり、血色も良い唇は素敵ですよね。
でも、気が付くと荒れているのが唇です。
乾燥してカサカサになってしまったり、ヘルペスが出来てしまったり……。
そんな時はどうしたら良いのでしょうか?

ここでは、唇が荒れたときの対処法と荒れるのを防ぐ対策をご紹介します。

どうにかしたい荒れた唇!ぷるつや唇への対策は?

22ea35e5b127a5fce9506c26c563c26c_s

唇が荒れた時に行う3つの対処法

a19a3d30ea41c53fb82c82160527ee56_s

唇が荒れてしまったときは、まず原因をはっきりさせることが重要です。

唇は、私たちが思っているよりもずっとデリケートなところなので、

間違ったケアをするとどんどん状態が悪くなってしまうことも珍しくありません。

そこで、次の主な3パターンの唇の荒れ症状について、

具体的に見ていきましょう。

唇が乾燥している場合

唇が乾燥している場合は、とにかく保湿が大切です。

リップクリームを塗ったり、ワセリンを塗ったりしてうるおいをキープしましょう。

 

また、はちみつでパックをするのも効果があります。

この方法は簡単。

はちみつをたっぷり唇に塗ったら、

ラップで覆い、5分~10分放置してください。

唇がガサガサしている場合

唇がガサガサしているときは、砂糖を使ったスクラブが効果的です。

砂糖とエクストラバージンオリーブオイルを混ぜ、ペースト状にします。

 

そのペーストで優しく唇をマッサージすれば、

古い角質が取れてふっくらした唇になりますよ。

ヘルペスや口唇炎の場合

ヘルペスや口唇炎の場合は、素人判断でのケアは止めましょう。

なぜなら、そのような病原体が関係している症状は、

間違ったケアでますます悪化させてしまう恐れがあるからです。

 

この場合はきちんと病院を受診して、医師の適切な処置を受けてください。

sponsored link

唇の荒れを防ぐための3つのポイント

f321cc7bd556cf056ce9844337ec06c8_s

唇が荒れるのを防ぐには、とにかく保湿が大切です。

冬の乾燥する季節などは、マスクをするだけでも唇の乾燥を防げます。

 

また、唇は体調の影響を受けやすい場所でもあります。

十分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

そして適度な運動も忘れてはいけません。

 

また、ビタミン不足が唇の荒れを引き起こすこともあります。

日頃からビタミンB2を豊富に含む食材を、

食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

もしどうしても唇の荒れが治まらない時は、一度病院で検査を受けましょう。

なぜなら、貧血が隠れていることもあるようです。

詳しい検査をして原因を突き止め、正しいケアをして健康な唇を手に入れましょう。

sponsored link

唇は健康のバロメーターと言われる意味とは?

522e9ad74ee6ae0ad118c5880b52cd63_s

唇は、私たちの健康のバロメーターです。

 

唇の不調には様々な体の不調が現れています。

暴飲暴食をしたり、ストレスを溜めこんだりして、

胃腸に負担を掛けていませんか?

 

十分な睡眠がとれていますか?

抵抗力が落ちていませんか?

鉄分は足りていますか?

 

唇はとてもデリケートな場所です。

何か少しでも「おかしいな」「変だな」と思うことがあれば、

一度歯科口腔外科に相談してみると良いでしょう。

この記事のポイントまとめ

こた

唇の荒れを見つけたら、いつかなおると放置するのではなく、すぐに最適な治療方法を受けることが重要です。体の状態をも表す唇ですので、その些細なサインを見逃さないようにしましょう。

  • 毎日のケアでふっくら唇を手に入れよう
  • 頑固な唇の荒れは病気のサインかも?
  • 異常が見られたら病院へ

sponsored link