メグ

口内炎が出来るとやっかいな場所、唇。重症だと唇が腫れ上がってしまい、痛みの他に“たらこ唇”なんかになってしまうかもしれません。そこで今回は、唇にできた口内炎についてスポットを当てて、その対策などをご紹介します。

口内炎は、口の中だけでなく唇にもできます。

そして実は、唇にできた口内炎って、

口のなかよりもタチが悪いと言われています。

 

そこで、

  • 唇にできる口内炎の特徴
  • 口内炎以外に考えられる病気
  • 唇の口内炎の治療法、予防法

をまとめてみました。

edc3600e3e4b8fcfdea5432213850991_s

唇にできる口内炎の特徴

547c58ae4a2377c29c808f432a8dc456_s

唇にできる口内炎は、主に唇の周囲(口角)~内側に発症します。

特に多い原因としては、食事の際に唇を噛んでしまい、

そこが可能してアフタ性などの口内炎になるというパターンです。

例えばお肉などの弾力のある食べ物を食べているときに、

うっかり肉と間違って唇を噛んでしまう、

なんてパターンも多いのではないでしょうか。(痛々しいですね…。)

sponsored link

口内炎以外に考えられる病気

322901

唇の口内炎は、噛んでしまう事だけが要因ではありません。

他にも、ウィルス性の口内炎や他の病気など、

様々な原因でなる場合もあります。

 

これらの口内炎以外の症状を疑うタイミングとして、

口内炎が2週間を過ぎても治らないという場合には、注意が必要です。

もし2週間を超えるようであれば、

考えられる他の病気についても疑いの目を持つようにしましょう。

●関連記事→口内炎が一ヶ月治らなかったら要注意!疑うべき4つの病気とは?

唇の口内炎の治療と予防法

sponsored link

唇に出来る口内炎の治療方法は、

歯の近くにあるために、

「治療+保護」を行うことが最も適しています。

 

そのため、唇の内側に出来た口内炎にはパッチタイプ

口角などの外側付近に出来た時には塗るタイプ

の薬をそれぞれ使って治療しましょう。

これらの各薬については、以下の記事でご紹介しています。

●関連記事→口内炎に超効く市販薬ランキング!薬局で聞いた厳選5製品をレビュー

口内炎が出来る前に「防ぐ」対策

e91af3388354cc1a9bcd90ed58d3f3d5_s

口内炎は出来てしまってから地味に公開してしまうもの。

じわじわ続く痛みのせいで、

おいしい食べ物を楽しめないなんてことも多いですよね。

 

そこで、あらかじめ防いでしまう方法があります。

それは、ずばり栄養を取って規則正しい生活をすることです。

口内炎は体調不良によって引き起こされる場合があります。

ですので、栄養を取って体調を整えることで体の抵抗を作ることで、

口内炎を防ぐことができます。

 

忙しくて栄養を取りずらい、

また、余すことなくバランス良く栄養を取りたいという方には、

サプリメントでの摂取がおすすめ。

くわしくは、別記事でご紹介しているので、

ご覧ください。

●関連記事→口内炎に効果的な5つのサプリメントを比較!どのビタミンが効く?
kounaien-01

sponsored link