子供も大人と同様、口内炎はできます。

しかも、何度も口内炎発症を繰り返す子供もいるので、

お困りの保護者さんもいらっしゃることでしょう。

 

今回は、子供の口内炎の原因および予防法、および効果的な薬について、私の実体験を踏まえてご紹介します。

94b26c4af5550722226adb46e6a87b4a_s

子供はなぜ口内炎が出来やすい?!

「口の中が痛いから食べたくない!」

うちの子供からよく言われた言葉です。

それくらい、うちの子は大きな口内炎ができる子だったんです。

 

ここで調べてみたのが、

なぜ子供には口内炎が出来やすいのか?

という事です。

すると、やはり子供ならではの出来やすい理由があったのです。

sponsored link

口内炎ができる主な原因として、

口の中をかじってしまうという事があります。

うちの子はまさにこれで、

食事中にしょっちゅうかじってしまって

そこが口内炎になっていたのです。

 

また、小さい子供は歯が生え換わります。

その歯が伸びてくる時に、

歯茎に刺さってしまったりというのも原因です。

 

口内炎には他の原因もありますが、

子供にアフタ性の口内炎が出るようでしたら

歯での刺激を受けた事による可能性が高いです。

 

食欲も人一倍多い子供は、口を動かす回数も大人以上。

まさに、食べざかりのための口内炎というポジティブな理由なんですね。

子供の口内炎向けの治療法!効果的な予防法は?

一般的に売られている口内炎の市販薬、

大きく分けると治療薬と予防薬がありますが、

予防薬に関しては年齢制限がある場合が多く、

中学生以下の子供には適用されない場合があります。

 

それらの点も考慮し、

効果的な治療薬や予防方法についてご紹介します。

sponsored link

子供の口内炎治療にはずばり「口内炎パッチ」

この口内炎パッチは、中に口内炎に効く軟膏を含んでおり、

さらに口内炎の患部をガードする事ができるので、

二重で子供の口内炎対策が出来ます。

 

口内炎は治りかけの所を噛んでしまい、

さらに口内炎が再発してしまったという事もあるので、

それを予防する事も出来ます。

子供の口内炎を防ぐ方法

口内炎ができる原因として、

間違って噛んでしまう事以外にも、

ビタミンB群をはじめとしたビタミン不足によっても起こります。

 

ですので、

これらをサプリメントなどで補ってケアをするというのも一つの方法です。

 

市販薬などでも口内炎のケアに向けたサプリメントを多く売られていますが、

実はこれらのサプリメントは、年齢制限が多くあります。

 

そのほとんどが15歳以下の中学生については量を制限、

または服用できないというようになっています。

 

とはいえ、子供は風の子。

元気いっぱいなので、サプリメントを取らなくとも、

生活リズムを整えるだけで十分に口内炎を予防する事が可能です。

主に、子供が守る生活リズムには3つのものがあります。

子供が守る3つの適度な生活リズム

  • 適度な睡眠
  • 適度な食事
  • 適度な運動

これらは基本中の基本ですが、

やはり規則正しい生活が体調を良くしてくれて、

口内炎を防いでくれる要因になります。

 

口は体調の変化をいち早く知らせてくれる重要な部分。

口内炎ができたら、体が疲れているんだという事を自覚して、

いつも以上に体調管理を心がけていきましょう。
kounaien-01

sponsored link