恐らく誰もが、口内炎という病気を経験したことがあると思います。

意外と染みる厄介な症状で、

早く治したくてもなかなか治らないといった声が聞かれます。

 

そんな口内炎は、口の側面だけにできるものではありません。

なんと、味を感じる部分である、舌にも出来るのです。

 

それも舌の付け根や側面など、

意外と多くの場所にできて、

食事のときなどは特に苦しいほど痛いですよね。

 

そんなやっかいな舌の口内炎について、

今回はそのメカニズム場所ごとの治し方ポイント

を調査してみました。
165959

舌にできる口内炎の種類

口内炎は口の中だけではなく、舌にもできるんです。

しかも、口内炎には数多くの種類がありますが、

舌にはそのほとんどができてしまうほどに口内炎ではありふれた部位です。

具体的には、舌の口内炎にはこれらのような種類があります。

sponsored link

アフタ性口内炎

ahuta
最もポピュラーな口内炎。表面が白く大きくなることが特徴。原因は特定されてはいないが、主にストレスが原因と言われている。

カタル性口内炎

kataru
主に歯で噛んでしまう事で発生してしまう口内炎。まれに虫歯が原因で発生することもある。

ヘルペス性口内炎

herupesu
特に生後6ヶ月以内の赤ちゃんに多い。ヘルペスウィルスが原因の口内炎。

カンジダ性口内炎

kanjida
常駐細菌であるカンジダ菌が原因となる口内炎。患部が白いかさぶたのようになり、その下に炎症を起こすのが特徴。

舌に出来た口内炎に効く治療法

口内炎が舌にできたからと言って焦る必要はありません。

まずは、自分の口内炎がどれに当たるかを見極め、

しっかりと治療することが大事です。(見極めると言っても、アフタ性やカタル性がほとんどだと思いますが)

 

また、場所別に見ても治りやすい場所が言われているので、

側面や舌の付け根など、

ポイント別に効果的な治療法をご紹介します。

舌の側面の口内炎治療法

舌の側面には、市販薬であるケナログを塗ります。

ケナログは塗り薬の軟膏で、口内炎の炎症部分に直接塗ります。

その後ガーゼで保護し、30分ほどしてからはがします。

これを一日3回、毎食後に行うと効果的です。

●口内炎に効く市販薬はこちら→口内炎に超効く市販薬ランキング!薬局で聞いた厳選5製品をレビュー

舌の付け根の口内炎に効く治療法

舌の付け根も側面と同様に、ケナログを縫ってガーゼでかぶせて治療します。

ですが、場所が付け根なので何かと邪魔になってしまう部分。

なので、治療は物を食べる事のない時間を使って行う事がおすすめです。

sponsored link

口内炎が3週間治らない時は要注意!

舌先の口内炎は、通常1~2週間で完治します。

しかし、口内炎が3週間以上たっても治らない場合は要注意です。

なぜなら、それは舌癌の可能性があるからです。

引用:http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~radiol/rt_top.html
引用:http://web.dent.osaka-u.ac.jp/

少し驚かせてしまったでしょうか。

ですが安心してください。

舌癌はそこまで確率は高くなく、可能性の一つにすぎません。

 

とはいえ、まったく無知でいるのも心配、程度に思っていただければと思います。

 

とりあえず、口内炎が3週間以上治らなければ要注意!

そこで、口内炎と舌癌の違いをまとめてみました。

ご自身でセルフチェックされてみて下さい。

  1. 3週間以上治らない
  2. 口内炎よりも痛くない
  3. 患部と正常部との境界がわかりにくい
  4. 触ると硬い

これらの項目に一つでも当てはまったら、早めにお医者さんにかかるようにされて下さい。

 

また、他の舌癌の特徴としては、以下のようなものがあります。

  1. 出来やすい年齢は、50~60代
  2. 男性の発症率は、女性の2倍
  3. 舌癌になる原因は明らかにされていない

なお、舌癌になった場合の治療については、手術、抗がん剤、放射線などです。

舌の口内炎を防ぐのに効果的なアイテム

口内炎を防ぐ効果的なアイテムという、

よくありがちな言葉ですが、

これは実際に筆者が体験して今も継続している方法をご紹介します。

 

むしろこの方法は、

舌の口内炎だけではなく、

口内炎すべてに対して効果があります。

 

実際にこの方法を使って一年半になりますが、

一度も口内炎になったことがありません!

(以前は月一くらいでなっていました…。)

 

さて、その肝心な情報をお伝えすると、

ずばり、

リステリンを使うという事です。

 

リステリンは、

口の中を清潔にするのはもちろん、

殺菌も行ってくれます。

 

口内炎の発生原因には細菌が絡んでいるので、

リステリンの殺菌作用が効果てきめんなんです!

 

ケアの仕方も簡単。

一日たった一回だけの使用、

夕食後の歯磨きをした後に1度リステリンでうがいをするだけです。

さらにこの方法を試してから、虫歯にもならなくなりました。

●管理人のもう一つの口内炎予防法→口内炎に効果的な5つのサプリメントを比較!どのビタミンが効く?

 

リステリンはお近くの薬局に売っていますので、

ぜひ試されてみてください。

ネットだとまとめ買いでお得に手に入ります。

kounaien-01

sponsored link