こんにちは!こたです☆ kota梅が本格的に採れる時期になりますが、

そこで注目したいのが梅酒です。

梅酒は梅を使った加工品なので、今年の旬の梅を使った梅酒をゆっくり味わいたいですよね。

そこで今回は、そんな梅酒の作り方をまとめてみました。

4c993b3a2c54117701f057449cc30fb9_s

梅酒の材料

46a41be4c5f4d8d89cf6fc48480ec5bd_s

梅酒を作るために必要な材料は青梅、

ホワイトリカー、氷砂糖です。

 

青梅は基本的に

6月上旬~中旬の間に収穫されたものを、

熟す前に使用します。

 

ホワイトリカーは35度以上のものを使用します。

酒税法により20度未満の果実酒を作ることは

家庭用であっても違法となっているので

注意が必要です。

 

さらに、アルコール度数が少ないお酒を使用すると

熟成に時間がかかり、雑菌が繁殖しやすく、

カビが生えてしまう危険もあります。

 

また、梅の風味を生かすため、

ホワイトリカーのように

癖の少ないお酒が適しています。

 

氷砂糖は砂糖としての純度が高く、

癖がないため、梅酒を作るのに適しています。

溶ける速度が遅いことも重要な要素です。

梅酒作りで用意するもの

梅酒を作るために必要なものはビンと竹串です。

ビンは密閉できるものを用意します。

材料を全て入れることを考慮し、

5リットルなど大きめのビンが適しています。

 

ホームセンターで購入することができますが、

最近ではスーパーマーケットでも

果実酒を作るための材料が並ぶコーナーが設けられ、

ビンも販売されていることがあります。

 

竹串は青梅のヘタを取るために使用しますが、

金属製のものは使用してはいけません。

梅が金属を嫌うためです。

人気の作り方

33f91011afa0e8d2428886523a43cf7a_s

最初にビンを消毒します。

熱湯を少し注ぎ、ビンを傾けながら回した後、

清潔なフキン等で水分をふき取ります。

 

カビが生えることを防ぐために

ビンの口を下にして日当たりの良い場所に置き、

完全に乾燥させます。

 

次に青梅の下ごしらえをします。

洗剤等は使わず、

流水で青梅をひとつひとつ丁寧に洗います。

 

洗い終わった青梅は渋味が出ないよう、

たっぷりの水に1~2時間漬けて

アク抜きを行ないます。

 

続いて青梅の水分をふき取りますが、

ビンと同様、カビが生えることを防ぐために

完全に水分をふき取ります。

 

最後に青梅のヘタを取ります。

この工程でヘタをきちんと取ることは、

美味しい梅酒を作るための重要なコツです。

 

完全に乾燥させたビンに

青梅と氷砂糖を交互に入れ、

ホワイトリカーを注ぎ込みます。

 

後はビンを密閉して

温度差の少ない冷暗所に保管し、

熟成するのを待てば完成です。

sponsored link

アレンジしてみよう

2035f6ee092dde24dab309091f5df7d3_s

梅酒を年中いつでも飲みたい、

すぐに梅酒を作りたいという場合は

1年中手に入れることのできる冷凍の青梅を使用します。

 

冷凍の青梅を使用すると

1~2ヶ月で梅酒ができあがりますが、

収穫したての青梅を使った場合よりも風味が弱くなります。

 

また、完熟梅を使用して

梅酒を作ることも可能ですが、

甘みが増すものの酸味は

失われるという特徴があります。

 

冷凍の青梅、完熟梅

どちらの梅を使用する場合でも、

青梅に比べてかなり実が柔らかいため、

下ごしらえをする際は扱いに注意が必要です。

 

ホワイトリカーの代わりに

日本酒や焼酎、ブランデー、

ウイスキーも使用することができます。

 

ただし、前述の通りアルコール度数は

20度以上のものを使用します。

 

砂糖は氷砂糖でなくとも、

溶けにくいものであれば使用することができます。

 

甘さを控えたい場合は黒糖を使用すると

甘さ控えめな梅酒を作ることができます。

 

砂糖の甘さが苦手な場合は

蜂蜜を使用するとほのかに

酸味の残ったまろやかな甘さに仕上がります。

飲み頃について

e852bbd9c4cce6d4db8ecf4338f234cb_s

青梅で作った梅酒は

漬け始めてから半年後頃から

飲み始めることができます。

 

梅が崩れて梅酒が濁らない限りは

漬けたままでも問題はありませんが、

あっさりとした風味が好きな場合は早めに取り出します。

 

ただし、あまり長く漬け過ぎてしまうと

梅の風味が梅酒から梅に戻ってしまうため、

長くとも1年半後までには梅を取り出します。

 

梅を取り出した後の梅酒は

しっかりと漉してから保存します。

 

取り出した梅はそのまま食べても美味しいので、

グラスに1粒入れて

手作りの梅酒を存分に味わいましょう。

sponsored link

あとがき

どうでしたか?

ご自宅で梅が採れる家庭にとってはもちろん、

梅の木がない家庭でも

旬の梅を買えばいつでも挑戦できますよね!

 

自分の手で作るお酒はどんどん進みますよね。

僕は梅を近くの産直で買って

梅酒を作ってみようと思います♪

sponsored link