こんにちはメグです♪

megu

工夫次第で色々な楽しみ方が出来る炊き込みご飯。

特に、食材が豊富に採れる時期は、

それぞれの野菜が持つ魅力を上手く引き出したいものですね。

そこで今回は、炊き込みご飯でおススメの6つの人気レシピについてまとめてみました。

ca1e6ec018b5d6d249e212faf7d49db1_s

きのこの炊き込みご飯

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • 米2合
  • きのこ300g
  • 水100cc
  • 砂糖小さじ1
  • 醤油大さじ2~3
  • めんつゆ大さじ1
  • みりん大さじ2
  • 酒大さじ2
  • だし昆布10cm

レシピ

きのこはエリンギやしめじなど好きなものを使いますが、

舞茸を使う場合は事前に一度湯がいておきます。

 

きのこの柄の下部を切り、

それぞれ食べやすいよう手で裂いておきます。

 

フライパンにきのこと水を入れて煮立て、

きのこがしんなりとしたら用意した調味料を入れ、

5分ほど火にかけます。

 

きのこと煮汁を分けて、

洗ってお釜に入れた米の上に煮汁を入れ、

好みで水分量を調整します。

 

最後にきのことだし昆布を入れて炊飯し、完成です。

ほたての炊き込みご飯


sponserd link

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • ほたての貝柱の缶詰1缶
  • 酒大さじ2
  • 醤油大さじ2
  • おろし生姜少々

レシピ

洗ってお釜に入れた米の上に缶詰の中身と調味料を入れ、

水を入れて炊飯し、完成です。

 

味付けを濃くする場合は醤油の量を増やす、

缶詰を2缶にするなどで調整します。

炊き込みご飯レシピ③ ひじきの炊き込みご飯

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • 乾燥ひじき大さじ2
  • にんじん2~3cm
  • 油揚げ1枚
  • 醤油大さじ1
  • 酒大さじ2
  • 塩小さじ1
  • ほんだし小さじ1
  • みりん大さじ1

レシピ

ひじきは水で戻してから水分を切り、

にんじんと油揚げは食べやすい大きさに切ります。

 

洗ってお釜に入れた米の上に調味料を加え、水を入れます。

最後にひじき、にんじん、油揚げを入れて炊飯し、完成です。

鶏肉の炊き込みご飯


sponserd link

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • 鶏ひき肉50g
  • ゴボウ40g
  • にんじん30g
  • ぶなシメジ1パック
  • 油揚げ2枚
  • 醤油大さじ2
  • 酒大さじ1
  • 白だし小さじ1/2
  • ごま油小さじ1/2

レシピ

ゴボウはさかがきにして水に浸してアクを抜きます。

にんじんは細切りに、

ぶなシメジと油揚げはみじん切りにします。

 

鶏肉をごま油で炒め、

ゴボウ・にんじん・ぶなシメジ・油揚げも入れて炒め、

調味料を加えて味を付けます。

 

洗ってお釜に入れた米の上に

水と炒めた具材を加えて炊飯し、完成です。

 

炒めた具材を冷凍保存しておくと、

忙しい時でも冷凍庫から取り出し

そのままお米の上に置いて炊飯をすれば

炊き込みご飯を作ることができます。

えんどう豆の炊き込みご飯

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • えんどう豆100g
  • 酒大さじ2
  • 塩小さじ1

レシピ

えんどう豆の鞘から豆を取り出します。

 

洗ってお釜に入れた米の上に酒を加えてから水を入れ、

えんどう豆と塩を入れて軽く混ぜてから炊飯し、完成です。

 

冷凍保存をすることもできるので、

多めに炊いて作り置きをしておくこともお勧めです。

さんまの炊き込みご飯

米2合分の炊き込みご飯を作る際の分量でレシピをご紹介します。

材料

  • さんまの缶詰1缶
  • 酒大さじ2
  • 醤油大さじ2
  • 生姜の千切り少々

レシピ

洗ってお釜に入れた米の上に

調味料とさんまの缶詰を加えてから水を入れて炊飯し、完成です。

 

好みで生姜の千切りを添えると上品な味に仕上がります。

 

また、きのこやレンコンなどを加えると、

さんまの風味を生かしつつ

飽きの来ない炊き込みご飯を作ることができます。

あとがき

今回紹介したレシピ以外にも、アイデア次第で無数にナタが出てきそうな炊き込みご飯。

そして、どんな食材にも相性抜群なお米。

やはり日本人は、米とは切っても切れない関係なんだなーと実感させられます。

今年は新米を使って、オリジナルの炊き込みご飯を作ってみようかと考え中のメグでした♪