こんにちはメグです♪

megu

結婚式は、もちろん当事者にとっては最大のイベントですが、

参列者にとってもファッションが見られるフォーマルの場。

特に女性にとっては、ドレスなどでおしゃれに綺麗に着飾りたいところです。

そこで今回は、結婚式のお呼ばれドレスについてまとめてみました。

b63ce4eb929717e761339bab9d1c2352_s

白色のドレス

結婚式にゲストで参加する際には、

白色のドレスはマナー違反とされています。

花嫁のウェディングドレスの色と似ているためです。

 

他にもクリームベージュやシルバーのドレスも

白色に近い印象を与えるためマナー違反とされます。

 

ただし、これらの色のドレスを着用する場合でも

羽織物やバッグ、靴に濃い色を用いて

全身が白色とならないようなコーディネートであれば許容されます。

 

なお、ドレスが白色系ではない場合であっても

羽織物に白色を用いる際には注意が必要です。

 

ほとんどの時間を着席して過ごすこととなる披露宴において、

羽織物の表面積が広く上半身をほとんど覆ってしまう場合には

傍目には白色のドレスを着ているように見えてしまうためです。

露出が多いドレス


sponserd link

結婚式にゲストで参加する際には、

丈の短いドレス、肩や胸の露出が多いドレスは

マナー違反とされています。

 

このようなドレスを身に着けることによって

主役の花嫁よりも目立ってしまう恐れがあるためです。

 

また、新郎新婦の親族など年齢層の高いゲストに対して

否定的な感情を抱かせてしまう可能性が高いため、

これらの服装を身に着けることは避けましょう。

 

ただし、夜の時間帯に行われる披露宴の場合には、

イブニングドレスと呼ばれる

胸元、背中、肩が大きく開いたノースリーブ

かつ床に届くほどの長さの丈のワンピースタイプのものの

着用がマナーとなっています。

ファー・革製品のドレス

結婚式にゲストで参加する際には、

ファー、革素材が用いられたドレスは

マナー違反とされています。

 

これらのものは殺生をイメージさせるため、

結婚式という祝儀の場には

ふさわしくないと考えられているためです。

 

また、ファーから飛び散った毛が

料理の上に落ち、食べ物と一緒に口に入ってしまう

可能性があることから不衛生であるとも考えられているためです。

 

ただし、カジュアルな雰囲気の式であれば

許容される場合もあります。

黒いドレス

結婚式にゲストで参加する際には、

黒色一色のドレスはマナー違反とされています。

 

黒は祝儀よりも葬式といった不祝儀の場に

身に着けるという印象が強いため、

結婚式という場にはそぐわないと考えられているためです。

 

ただし、どうしても黒色以外のドレスがない

という場合には、バッグや靴などの小物に

明るい色や光り物を取り入れて

ドレスの黒色から視線を外すようなコーディネートであれば、許容されます。

バイカラーのドレス


sponserd link

結婚式にゲストで参加する際には、

バイカラーのドレスはマナー違反とされています。

 

バイカラーのようにはっきりと2色に分かれた色遣いは

「わかれる」と連想されるため、

2人が夫婦となったことを祝う場には

ふさわしくないと考えられているためです。

 

ただし、バイカラーは近年のトレンドとなっているため、

結婚式の雰囲気によっては許容されます。

 

バイカラーのドレスを着用する場合には

他のゲストの年齢層を見極めてから判断しましょう。

花嫁と色の同じドレス

結婚式にゲストで参加する際には、

花嫁がお色直しで着用したドレスの色と

被ることはマナー違反とされています。

 

このようなドレスを身に着けることによって

主役の花嫁を目立たせることができない恐れがあるためです。

 

このようなことを防ぐためには、

あらかじめ花嫁にカラードレスの色を聞いておくこと、

花嫁と親しくない場合には被る可能性の低く、

着ているひとが比較的多い黒色やベージュのドレスを選択しましょう。

 

また、花嫁の好きな色は

カラードレスに選ばれる可能性が高いため、

避けることをお勧めします。

あとがき

結婚式は最大の出会いの場とも言われており、

夫婦を祝福する事はもちろんとして、

ゲストの異性陣の目が気になるのが参加者のホンネ。

かといって、いくら目立ちたいがゆえに新郎新婦以上に目立ってしまうのは本末転倒ですよね。

出会いを求める時期は終わってしまいましたが、

マナーをしっかり守って祝福の場に立ちたいと思ったメグでした♪