こんにちは!こたです☆

kota

最近テレビをにぎわせているギリシャ問題。

その驚きの結果の情報が出回ってきました。

21d570d31c16ece886968c647b86b874_s

ギリシャ国民投票の結果は?


sponserd link

国民投票の結果については、より考えられているのが賛成多数の結果です。

そもそも国民投票の内容は、EUが求める「財政緊縮策」について、YESかNOかというものです。

これを簡単に言ってしまえば、賛成が多数となるとEUへの残留、反対が多数になるとEUからの離脱が進むと言われています。

 

結果予想については、多くのメディアにおいて賛成多数の予想の声が高まってきました。

もともとギリシャ国民は、EUに守られているという意識があります。

ですので、NOといってEUから離脱するという事はイバラの道を突き進むというようなものです。

 

その半面、ギリシャは一度EUを離脱して独自の打開策を見出した方がいいという声もあります。

元々は自国の怠慢さがこのような事態を招いたのも事実。

その尻拭いを、他のEU加盟国がするというのでは中途半端だからです。

 

いずれにせよ、どのような結果を突き付けられても、

ギリシャにとっては今後厳しい立て直しが余儀なくされるでしょう。

まさに、自業自得の結果であると思います。

ギリシャ国民投票が発表される日本時間は?


sponserd link

ギリシャの国民投票については、現地時間で5日7:00~19:00までで行われます。

日本時間では、5日13:00~5日25:00(6日1:00)がこれに該当し、

結果が判明するのは6日早朝、3:00前後と言われています。

ですが、ギリシャ地元メディアの調査では、賛否が4割強で拮抗しており、結果がでるのも開票作業の遅れから予断を許さない状況です。

日本への影響は?

ギリシャの国民投票の結果について、日本への影響はどのようになるのでしょうか。

日本をはじめ、世界に影響を与えると言われているのが、NOとなった場合です。

もしNOで否決されれば、ギリシャが今後デフォルト・EU脱退に向けて進むことが予測され、

市場は急落などの混乱が見られるかと思います。

 

しかし、市場への影響はそう長くは続かないという見方もあります。

それは、すでに市場がギリシャデフォルトを織り込み済みだということ、

ギリシャがEUを脱退しても、EU全体には微々たる影響しかないこと。

むしろ、他のEU加盟国にとっても身を引き締める結果となっていいのでは、

という声もあります。

いずれにせよ、リーマンショックのような大混乱には至らないという見方が多数のようです。

 

ギリシャは過去の政策などでこのような結果になってしまいましたが、

日本だって全くその心配がないわけではありません。

明日は我が身、まずは自分たちの出来る身近な所から襟を正していきたいものです。

 

ギリシャにはこんな素晴らしい観光地もあるのに…。

頑張って立ち直ってもらう事を期待しています。