メグ

気が付いたら、顔の目立つところにニキビが……なんて経験は誰しも一度はあるはずです。

ニキビの嫌なところは、赤く目立つのもさることながら、その痛痒さだったりします。
触ってはいけないと頭ではわかっていても、気が付くと掻いてしまっていたりすることも珍しくありません。

そんな厄介なニキビを1日で治す方法があるので、ご紹介します。

一刻も早く何とかしたい! ニキビを1日で治す方法

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

ニキビとおできの違いって?

6d6125d7b4b243a4c2913e11965c6b44_s

ニキビもおできも痛痒くて厄介なものです。

しかし、ニキビとおできは根本的に違うもの(病気)なので、

それぞれに合ったケアをすることで早く良くなります。

 

ニキビは、毛穴がなんらかの原因で詰まってしまうことが原因です。

成長ホルモンや男性ホルモン、黄体ホルモンといったホルモンの影響で詰まることもあれば、

ストレスや生活習慣が原因で詰まることもあります。

 

ニキビの治療では、「毛穴の詰まりの原因」を特定することが重要です。

そして、原因に応じて薬を使い分けるのが、早い回復への近道となります。

 

ニキビの場合、放っておくとニキビ痕が残ってしまうこともあるので、

なるべく早いうちに皮膚科を受診しましょう。

なおニキビ痕の治療については、形成外科がおすすめです。

 

一方でおできは、免疫力の低下などで菌に感染するとできます。

皮膚には様々な菌が棲んでいるため、

免疫力が弱くなると簡単に感染してしまうのです。

 

おできの場合、おできの中の膿などに触れた手で他の場所に触れると、

そこにおできが感染することもあるため注意が必要です。

 

また、大きくなったおできは切開して中の膿を出す処置が必要になります。

5分程度で終わる処置ですが、麻酔をしてメスで切開する以上、立派な手術です。

小さいうちであれば抗生物質の内服などで治すこともできますので、

早めに皮膚科へ行きましょう。

sponsored link

ニキビを隠そうとするのはなんでNGなの?

48d812d7ca911fbfdb5712612ad83cad_s

ニキビが目立つからといって、

ファンデーションを厚塗りしたりマスクで隠したり、髪の毛で覆ったりするのは、

ニキビを悪化させることになるので、おすすめできません。

ニキビができたら、まずは清潔を心がけましょう。

 

もちろん、気になるからと手で触ったりするのはいけません。

刺激の弱いせっけんで朝晩きちんと洗顔し、保湿をしっかり行ってください。

 

紫外線はニキビを悪化させるので、併せて紫外線対策も行いましょう。

日焼け止めが刺激になる場合は、

帽子や日傘を上手に活用して患部に紫外線が当たらないようにすると良いでしょう。

ニキビ痕の予防にも効果的です。

1日でニキビを治せる?実はできるんです!

2acd9deb7dc6311f5b5c441461e9ceb0_s

とにかく明日までにニキビを治したい!!

という時は、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

すべてのニキビが治るとは言えませんが、

軽微なものなら驚くほどすぐに直すことができちゃうんです。

sponsored link

抗生物質とステロイドの入った軟膏を塗る

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s

薬局やドラッグストアには、抗生物質とステロイドの入った軟膏が売られています。

薬剤師さんや登録販売者の方に相談しましょう。

 

寝る前に軟膏を患部に盛るように塗り、絆創膏などでパックして寝ると、

朝には腫れが引いていることが珍しくありません。

 

しかし、これが有効なのはあくまでも「小さなニキビ」です。

ひどく腫れていたり、皮膚の下にしこりができているようなニキビには向きません。

十分な休息をとる

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

突然ポチッとできるニキビは、体調不良の前触れの場合があります。

ニキビができたら、いつもより早く就寝し、体を十分に休めましょう。

これに併せて、ビタミンCやビタミンBといったサプリメントを摂るのも効果的です。

オキシドールで芯を出す

e66907c5596daaa81df785720a3a5d91_s

ニキビの中心が白くなっているようなら、

オキシドールを含ませた綿棒で中の芯を取り出すことができます。

 

顔が清潔な状態で、

綿棒にオキシドールを含ませて白くなっている部分を優しく擦ってみてください。

すると、にゅるりと白い芯が出てきます。

 

芯が出て来たら傷薬を塗ってください。

無理に芯を出そうとすると肌を傷つけてしまうので、

あくまでも優しく・ほどほどに行ってください。

 

これらの方法を行う際は自己責任で行いましょう。

また、深刻なニキビはこれらの方法で悪化する可能性もあるので、

本格的にニキビの治療を行う場合は皮膚科または形成外科を受診してください。

 

そして、ニキビを早く治したいからといって、

指で潰したり、針で刺したりすることはやめましょう。

悪化する可能性が高いだけでなく、肌にニキビ痕が残りかねません。

あまりにも頻繁にニキビができるときは、一度皮膚科で相談してみましょう。

この記事のポイントまとめ

こた

ニキビはその見た目で嫌われがちですが、体からしてみればボディケアの一部にすぎません。ですので、無理につぶしたりなどは絶対にせず、やさしく完治できるようなケアを心がけましょう。

  • ニキビを治すには清潔が一番
  • 繰り返すようなら病院へ
  • 痕を残さないためにも潰してはダメ!

sponsored link