メグ

目の下にたるみがあるだけで、実年齢以上に老けて見られたり、疲れて見られたりすることは珍しくありません。
できることなら自分で目の下のたるみを解消したいですよね。

そんな時に効果的なツボやメイク法をご紹介します。

目の下のたるみをどうにかしたい! 効果的なツボやメイク法はあるの?

b3c9a97dfcf98c7b58991a2503b49a8f_s

目の下のたるみの原因とは?

eca39dfc893a26ddd502014d3e958045_s

目の下のたるみの原因は、多くの場合加齢による筋肉の衰えです。

目の周りの筋肉が衰えることで皮膚が下がり、たるみができてしまうと考えられています。

 

また、加齢によって肌のハリが失われることも大きな原因です。

しかし、単なる加齢が原因でないこともあるので注意しましょう。

 

心臓病やバセドウ病といった大きな病気が背後に隠れている場合があります。

もし急に顔つきが変わってきたとか、いくらケアしてもたるみが改善しないと言う場合は、

一度医師に相談してみると良いでしょう。

目の下のたるみに効果的なツボとは?

目の下のたるみには「救後(きゅうご)」というツボを刺激するのが効果的です。

f7bc859553602ac4e04fba7b082c005f_s

「救後」は目尻の斜め下にある骨のくぼみのところです。

この「救後」を目じりに向かって、人差し指の腹で弾くように刺激します。

これを左右5回ずつ行いましょう。

 

また、「承泣(しょうきゅう)」というツボも効果的です。

「承泣(しょうきゅう)」は目の下にある骨のすぐ上にあります。

ここを優しく刺激すると、目の下のたるみだけでなく顔のむくみも改善されると言われています。

sponsored link

目の下のたるみを改善する美顔器

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

目の下のたるみの改善には、肌のハリを取り戻すことも重要です。

しかし化粧品を使った普段のお手入れだけでは、

なかなかハリが出てこないという人も多いのではないでしょうか。

そんな時は美顔器を使ってみましょう。

 

イオン導入や超音波マッサージといった機能を使えば、

手やコットンでケアするよりも効率的に肌のハリを取り戻すことができます。

 

安いものでは1000円台から買えることもあるので、

気になる方は一度家電量販店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに私のおすすめは後ほどご紹介します。

sponsored link

目の下のたるみを隠すメイク

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

目の下のたるみを消すためには、ハイライトを上手に活用するのが効果的です。

目の下のたるみとTゾーンにしっかりハイライトを入れ、顔全体を立体的に見せましょう。

ハイライトを入れることでたるみによってできる影が消え、印象がぐっと若返ります。

 

メイクをする際は保湿をしっかり行うのが美しく仕上げるコツです。

目元はただでさえ乾燥しやすく、乾燥することでしわなどもできやすくなります。

目元のハリを失わないためにも、化粧水や乳液は念入りに馴染ませましょう。

この記事のポイントまとめ

こた

女性も男性も、目の下がたるんでいるといい効果はありません。目は人に与える印象にも大きく作用するので、まずはしっかりと日々のケアでたるみを改善させていきたいですね。

  • 目の下のたるみの原因は様々
  • ツボ押しや美顔器でたるみを改善
  • たるみ隠しメイクはハイライトが命!

sponsored link